海外|Lifehack

【シンガポール】マリーナベイサンズ利用前に知っておくべき豆知識まとめ20選【初心者必見】

マリーナベイサンズ
マリーナベイサンズ
マリーナベイサンズに宿泊予定の人

『今度ついにマリーナベイサンズに泊まるんだけど、どんなところなのかな?せっかく泊まるんだから失敗やトラブルは絶対嫌。事前に知っておくべきことがあれば知りたい』

こんな疑問にお答えします。

この記事を書いている僕は、ここ半年くらいはシンガポール・タイ・フィリピン・マレーシアなどを中心に仕事をしています。日本よりもこれらの国にいる時間の方が長いです。

そんな僕が、仕事やプライベートで4回宿泊したことのある『マリーナベイサンズ』について、事前に知っておけばよかったというポイントを20個紹介します

いまやシンガポールの象徴ともいえるマリーナベイサンズ。決して安いホテルではないので絶対に失敗したくないですよね。

ぜひこれを読んで楽しい旅にしてくださいね!

マリーナベイサンズ利用前に知っておくべき豆知識まとめ20

豆知識①:日本語対応のカウンターがある

マリーナベイサンズには、日本語対応のカウンターも用意されています。

そこで、ホテル関内の案内や、チェックイン・チェックアウトなどが可能です。

場所は、タワー1にあるチェックインカウンターの反対側。こちらが通常のチェックインカウンターです。

反対側に、このような看板が立っています。

その先にありますので、探してみてくださいね。

豆知識②:チェックインにはデポジットが必要

マリーナベイサンズは、チェックインする際にデポジットを要求されます。

その金額は、1泊につき200シンガポールドル。

支払いの方法は、現金またはクレジットカードで支払うことが可能です。

これは、部屋での飲食料金などを支払うためです。もちろん、利用がなければ返金されますよ。

念のため、こちらの公式ホームページも確認してみてくださいね。

豆知識③:プールやジムは滞在時のみ

マリーナベイサンズと言えば、屋上になるインフィニティープールや、絶景の中で運動ができるジムが有名です。

人によっては、チェックイン前やチェックイン後に利用したいと思う人もいるでしょう。

ですが、残念ながらチェックイン前やチェックアウト後には利用できません

一般的なチェックイン・アウト時間

・ チェックイン:15時以降

・ チェックアウト:11時まで

そのため、インフィニティープールやジムの利用を考えている人は、事前にその時間も考慮してスケジュールを立てることをおすすめします。

豆知識④:チェックアウト後の荷物預かり可能

マリーナベイサンズでは、チェックアウト後に荷物を預かってもらうことも可能です。

マリーナベイサンズは、プールやジム、レストランの外にもショッピングモールがあったりして、とても1日では回りきれないほどの大きさです。

そのため、もし1日で回りきれなければ、チェックアウト後に荷物を預かってもらって、ゆっくりショッピングなどを楽しみましょう。

豆知識⑤:直接予約が1番安い

色んなサイトやブログで『最安値はこちらから』と旅行サイトに誘導しているものを見かけますが、僕が調べた限り(僕が予約したとき)、1番安いのは公式ホームページから予約する方法です

公式ホームページでもそのようにうたってますし、予約も日本語でOKです。

マリーナベイ サンズの公式サイトでは、客室料金をどこよりもお得な最低価格で提供することを保証します。 この最低価格保証を利用し、有効な請求を行うには、利用規約のすべての条件を満たす請求を、請求処理手順通りに送信していただく必要があります。

出展:マリーナベイサンズ公式ホームページ

なので、公式ホームページから予約すればオッケーだと思いますよ。

とはいえ、『面倒だからツアーで予約したい!』『面倒な手続きは旅行会社の人にお願いしたい』という人もいますよね。

その場合には、こういったサイトを確認してみてください。早割やキャンペーンなどお得な期間もありますよ。

▶【エアトリ】で予約:『最安値保証!海外ホテル予約

 

豆知識⑥:建物が3つに分かれている

これだけ写真でマリーナベイサンズを見ているのに、行くとなぜか忘れてがちなのが『タワーは3つある』ということ。

こちらの写真のように、どこに行きたいかによって、どこのタワーに行くかが変わります。

こちらは、宿泊者がもらえる公式のパンフレットです。

この時に注意すべきなのが、『それぞれのタワーがものすごく大きいので、移動に時間がかかる』ということ。

事前に調べてから行くようにしましょうね。

豆知識⑦:ショッピングモールは真下ではなく道の反対側

マリーナベイサンズの1階や地下を歩いていると、かなり広いのでつい忘れがちですが、マリーナベイサンズにあるショッピングモールは、マリーナベイサンズのホテルの真下ではなく、道の反対側にあります。

外から帰ってきたときや、力を移動しているときは、自分がどこにいるのか間違えないように気をつけましょう。

豆知識⑧:マリーナベイサンズ内にスーパーあり

マリーナベイサンズ内には、『Jasons Deli』と言う大きなスーパーが入っています。

しかも、値段もそこまで高くありません。

そのため、夜で部屋飲みしたい人などは、こちらのスーパーで買って帰ることがおすすめです。

公式ホームページにも記載がありましたので、こちらを確認してみてくださいね。

豆知識⑨:プールへはカードキーが1人1枚必要

屋上にあるインフィニティープールに入るには、宿泊者であることを証明しなければいけません。

そこで、必ず人数分のカードキーが必要になります

屋上では、駅の改札のようにそのカードキーを通して入ることになるので、ごまかすことができません。

家から出るときは必ず忘れないようにしましょう。

豆知識⑩:屋上プールの営業時間に注意

屋上のインフィニティープールは、営業時間が限られています。

インフィニティプールの利用可能時間は、以下の通りです。

インフィニティプールの利用可能時間: 午前6時~午後11時

インフィニティープールはいつも混雑しているので、深夜や早朝にゆっくり入りたいと思う人もいるかもしれません。

ですが、使える時間は限られているので注意してください。

 

豆知識⑪:屋上プールはいつでも本当寒い

みんな憧れるインフィニティープールですが、実はめちゃめちゃ寒いです。

理由は主に、以下の3つと言われています。

・ 高い場所にあるので、風の影響を思いっきり受けているため。

・ 混雑時間以外の早朝に利用した場合

・ 清潔な水を保つため定期的に水の交換が行われているため

3つ目は公式情報の確認ができませんでしたが、シンガポール現地ではこのように言われているようです。

そのため、プールサイドで休憩するとき用に上着を持っていくことをおすすめしますよ。

豆知識⑫:屋上プールに実はジャグジーがある

常にめちゃめちゃ寒いインフィニティープールですが、実はジャグジーがあります。

インフィニティープールの反対側にあるため、あまり知られていません。

『インフィニティープールが寒すぎる』と言う人は、ジャグジーで温まりのもいいかもしれません。

ただし、ジャグジーはあまり大きくなく、中国人などが占領している場合があるので注意してくださいね。

豆知識⑬:屋上プールへは部屋で着替える必要あり

部屋に荷物を置いて、いざインフィニティープールへ行こうとした時『どこで着替えればいいんだ?』という疑問がわくと思います。

結論、部屋で着替えていきましょう。

実際に、屋上では着替える場所がありませんので注意が必要ですよ。

豆知識⑭:屋上プールへは部屋のバスローブでオッケー

『インフィニティープールへは部屋で着替えるといっても、どうやって行けばいいの?服や貴重品を置く場所はあるの?』

こんな疑問を抱く人もいるかもしれません。

実は、部屋にあるバスローブで行けばオッケーです。

人数分のカードキーさえ持っていけば、バスタオルも屋上で借りることができるので、バスローブで行ってしまって問題ありませんよ。

とはいえ、スマホや財布など細々したものは持ち歩く必要があると思います。

シンガポールに来て探すのは面倒だと思うので、日本でこちらのようなものを用意しておくことをおすすめしますよ。


豆知識⑮:部屋からのSPECTRAは正直微妙

マリーナベイサンズからSPECTRA(スペクトラ)も見ることができます。

これは部屋の向きにもよりますが、見える部屋は比較的値段が高くなっています。

そのため、予約サイトによってはSPECTRA(スペクトラ)が見えることを謳い文句に高級な部屋を推してくることがありますが、注意してください。

見えるのは、こちらの写真くらいです。

これを見るために高いお金を払うくらいなら、1階まで降りて見たほうが楽しめると思いますよ!

豆知識⑯:部屋の有料飲料を飲まないなら冷蔵庫は開けるな!

正直、他のホテルと同じく部屋の中にある冷蔵庫の飲み物はすごく高いです。

ですが、他のホテルと違って注意しなきゃいけないことがあります。

有料飲料を飲まないなら冷蔵庫は開けるな!!

実は、マリーナベイサンズの部屋にある冷蔵庫は、空けた瞬間からセンサーが稼働します。

何も飲んでないのに勝手にデポジットから引き落とされることはないかもしれませんが、その旨を受付に連絡しなければならなくなってしまうので、面倒が嫌な人は空けないことがおすすめですよ。

豆知識⑰:無料のペットボトルあり

マリーナベイサンズの部屋にある飲み物はすべて高いですが、安心してください。無料のお水も準備されていますよ。

もしマリーナベイサンズのカジノへ行く機会があれば、そこで無料に水のペットボトルがもらえるので、そこで持ってきてもオッケーです。

ただ、フロントに電話すればいくらでも補充してもらえると思いますけどね。

豆知識⑱:無料のコーヒー・紅茶も充実

部屋の中の飲み物がめちゃくちゃ高いマリーナベイサンズですが、無料の飲み物も充実しています。

ただし、これらの引き出しの中に入っている場合が多いので、見落とさないように注意が必要です

豆知識⑲:買い出し用の冷蔵庫をレンタルできる

センサーが起動してしまうため冷蔵庫が開けられないとなると、買ってきた飲み物はどのようにすればいいでしょうか。

実は、フロントに連絡すれば別の冷蔵庫を運んできてくれます

そちらであれば、勝手にセンサーが起動してしまうなんてこともありませんよ。

ただし、1回借りるのに10ドル(800円ほど)かかります。

「じゃあ要らない」といったら、ホテルの人が冷蔵庫の中身を出してくれて、そこに入れて冷やせばいいと言ってくれたことがありました。

そのため、量がそれほど多くなければ、フロントに相談してみるのがいいでしょうね。

豆知識⑳:買い出し用冷蔵庫のために別のカードキーをもらえる(頼めば)

買い出し用の冷蔵庫を借りたらコンセントに繋いで使うのですが…ここで1つ問題が。

インフィニティプールに行くときには人数分のカードキーを持って行かなきゃいけないため、部屋の電源が落ちてしまうのです。

『帰ってきてから部屋で飲むために、せっかく冷やしておいたのに…』

なんてことになってしまいます。

そんなときは、冷蔵庫を借りるときにその旨を合わせてお伝えすればオッケー!

そんな人のために、スペアのカードキーも合わせて貸してくれますよ。

さいごに

これら注意点は、一度宿泊したことがある人でも知らなかったことがあるかもしれません。

ぜひこれらを事前にチェックして、少しでも気持ちがいい旅行にしてくださいね!

 

そして、最高な旅行はぜひ思い出に残したいですよね。

一度きりの新婚旅行や大切な家族旅行が、カメラをレンタルして返すだけで1冊の『オリジナルフォトブック』にしてくれるサービスもあるんです。


ぜひ最高な思い出を作ってくださいね。

また、気になるのは言葉の問題。

シンガポールなので「シングリッシュ」と言われる独特な英語が難点かも。

『英語に自信がないな』って人には、こちらがおすすめですよ!

74言語対応の通訳機「POCKETALK W(ポケトークW)」

✔ 74言語に対応【←普通にすごい!】✔ ニュースなどの長文も瞬時に訳せる✔ 値段も大幅に下がった!

せっかくの海外旅行。言葉が問題でつまらなくなってしまうのはもったいないですよ。

ぜひ最高の旅行にしてくださいね。

おすすめ関連記事