海外|Lifehack

【目的別】海外旅行に持っていくべきおすすめクレジットカード6選【前もって準備を】

海外旅行を予定してる人

『海外旅行にはクレジットカードが必ず必要って聞くけど、実際カードが多すぎてどれを持てばいいのか分からない。海外旅行におすすめなクレジットカードを教えて!』

こんな悩みにお答えします。

この記事を書いている僕は、ここ半年くらいはシンガポール・タイ・フィリピン・マレーシアなどを中心に仕事をしています。日本よりもこれらの国にいる時間の方が長いです。

クレジットカードは本当にたくさんの種類が発行されていますよね。

「どのカードを持っていればいいのかよくわからない」と言う人もいるかもしれません。

なぜなら、最近のクレジットカードは還元率や年会費、特典など、選ぶポイントが多すぎ。

選ぶポイントが多すぎても、結局判断するのが難しくなってしまいますよね。

そこで、僕がおすすめする『海外旅行に持っていくべきクレジットカード』を、以下のポイントに絞って紹介します。

正直なところ、以下のポイントさえ押さえておけば、間違いはないと思いますよ。

・ 年会費

・ ポイント還元率

・ 海外傷害保険やショッピング保険の充実さ

・ その他特典

それでは、これらポイントに絞っておすすめのクレジットカードを、タイプ別に紹介していきます。

必ず持っておきたい安定型カード

それでは、まずは『必ず持っておきたい安定型カード』を2つ紹介します。

できれば、カードブランドを変えて両方持っておきたいところです。

おすすめ①:エポスカード


カードブランド VISA
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.50%
海外傷害保険 自動付帯: 最高2,000万円
ショッピング保険 あり(年間50万円まで)
その他特典 ・入会で2,000ポイント(2,000円相当)

・最短即日  ※マルイ店舗での受取りの場合

・10,000店舗以上

クレジットカードを持つなら、1枚目はこれ『エポスカード』人も多いのではないでしょうか。

年会費が無料にも関わらず、サービスが他のクレジットカードのゴールドカードレベル。

さらに、カードブランドがVISAであることもポイント。

VISAは、知名度・シェアともに世界No.1の国際ブランド。

使用できる国や地域、店舗の数いずれも世界トップですよ。

海外旅行に行くときには、必ず持っていたいカードです。

▼申し込みはこちらから
【エポスカード】

おすすめ②:リクルートカード

リクルートカード
カードブランド ・ VISA

・ Mastercard

・ JCB

年会費 永年無料
ポイント還元率 1.20%
海外傷害保険 利用付帯: 最高2,000万円
ショッピング保険 あり(年間200万円まで)
その他特典 ① 新規入会特典で1,000ポイント

② カード初回利用特典で1,000ポイント

③ 携帯電話料金決済特典で4,000ポイント

次におすすめするのが『リクルートカード』です。

エポスカードに比べると知名度は低いかもしれませんが、頻繁に海外旅行する人には馴染みのあるカードではないでしょうか。

エポスカードのように、どの項目についても高い水準なのですが、最も注目すべきは「ポイント還元率」

ほかのカードと比べても圧倒的に高いです。

ただし、海外損害保険が「利用付帯」となっています。

自動付帯:カードを持っているだけで保険が適用される

利用付帯:ツアー代金などをカード支払いにすると適用される

いざというとき、ただ持っているだけで保険が使える「自動付帯」の方がお得なので、おすすめ度合は2番目にしました。

▼申し込みはこちらから
リクルートカード

これも持っていたら安心の2番目カード

続いて、上記で紹介したものとは少し特徴が違いますが、「こちらも持っていたら安心」というカードを紹介します。

おすすめ③:JCB CARD W

JCBオリジナルシリーズ
カードブランド JCB
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.00%

※ただし、ボーナスポイントあり

海外傷害保険 自動付帯: 最高2,000万円
ショッピング保険 あり(年間200万円まで)
その他特典 ・ 新規入会の方はポイント最大30倍

・ インターネット新規入会限定キャンペーン実施中

・ 最大14,000円分プレゼント!! ※2020年3月31日まで

こちらの「JCB Card W」は、その名の通りJCBのカードです。

JCBカードは日本で唯一の国際カードブランド。

なので、世界的な知名度やシェアはVISAやMastercardには劣ります。

ですが、日本人であれば必ずJCBのカードは持っておきたいのです。その理由は、

ハワイなど、日本人が多い観光地では特典がいっぱい!!

ハワイに行ったことのある人なら一度は見たことがあると思います「ワイキキ トロリーバス」。

こちらは、JCBカードを持っていれば無料で利用できるんです

こうした特典が多いので、JCBカードも必ず1枚は持っておきたいですね。

▼申し込みはこちらから
JCB CARD W

おすすめ④:楽天カード

カードブランド ・ VISA

・ Mastercard

・ JCB

・ Amex

年会費 永年無料
ポイント還元率 1.00%
海外傷害保険 自動付帯: 最高2,000万円
その他特典 新規入会&1回利用で5,000ポイント

続いて紹介するのが「楽天カード」。

こちらは、海外旅行に限らず1枚は持っていれば、日本での生活でも便利ですよね。

そして、僕が海外旅行でおすすめする理由が「アメリカン エキスプレスのカードが作れる」ということ。

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)は世界で1,2位にランキングしている、高いステータス性を備えたカードです。

旅行や出張時のサービスに強みがあり、世界の空港ラウンジが利用できたり、空港からの手荷物無料宅配サービスがあるなど充実しています。

そのため、海外旅行でどこかの空港でトランジットをする際など、アメックスのカードは1枚持っておけばとっても便利なのです。

▼申し込みはこちらから
楽天カード

海外へ行くことが多い人向けのカード

最後に、海外旅行や出張など、海外へ行くことが多い人向けのカードを紹介します。

おすすめ⑤:Booking.comカード


カードブランド VISA
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.00%

※ただし、Booking.com宿泊で宿泊代金×5%

海外傷害保険 自動付帯: 最高2,500万円
ショッピング保険 あり(年間100万円まで)

海外へ行くことが多い人におすすめなのが「Booking.comカード」。

そう、あの『Booking.com』が作ったクレジットカードなのです。

Booking.com:ホテル・旅館等の宿泊施設に関するオンライン予約を扱う、ウェブサイトおよびアプリ。

世界最大の利用実績をもつ宿泊予約コンテンツ。

それもあってか、海外傷害保険の最大補償額もほかのカードと比べて高額となっています。

旅行や出張で海外へ行くことが多い人は、「Booking.com」で予約しつつ、宿泊代金×5%」という高い還元率で得しちゃいましょう。

▼申し込みはこちらから
Booking.comカード

おすすめ⑥:ANAJCBカード

ANAJCBカード
カードブランド JCB
年会費 本会員 2,000円  ※初年度無料
ポイント還元率 利用する交通期間によって異なる【詳細は要確認】

メトロポイントは1,000円につき5ポイントなど。

海外傷害保険 自動付帯: 最高1,000万円
ショッピング保険 あり(年間100万円まで)
その他特典 ・ 入会&各種条件達成で最大24,900マイル相当

・ ANAのマイルが貯まる

・ メトロポイントが貯まる

さいごにおすすめするのが、「ANA JCBカード」です。

こちらのカードの最大の特徴が、「ANAのマイルやメトロポイントが貯まること」です。

フライトでマイルが貯められることはもちろん、

  • ・スターアライアンス加盟の航空会社やその他連携航空会社の利用でマイル獲得
  • ・飛ぶたびのボーナスマイルが加算
  • ・国内外のお店やネットショッピングなどいつものお買い物でマイル獲得

など、ANAのマイルを貯めるのにとても便利なカードです。

特に、海外へ行くことの多い人にはおすすめなカードです。

▼申し込みはこちらから
ANAJCBカード

さいごに

クレジットカードは、カード会社やカードブランドによってサービスが異なります。

また、国や地域によっても、どのカードが便利かということに違いがあります。

そのため、『クレジットカードは1つ持っていればいいや』ではなく、違ったカードブランドのものをいくつか作っておくことがおすすめですよ。

 

THE END

おすすめ関連記事