英語|English

【社会人向け】英語を勉強するならまずは独学で始めるべき話【勉強法も紹介】

英語の勉強を始めようとしている人

『昇進や転職を考えて、英語の勉強を始めようと思っているんだけど、、、何から勉強したらいいのかな。周りは英会話学校に通いだしている人が多いけど、それでいいのかな。英語初心者がまず勉強すべきことや、注意点とかあれば知りたいな。』

こんな疑問にお答えします。

✓この記事の想定読者

・英語の勉強を始めようと思っている人

・英語の勉強をしてもすぐ挫折してしまう人

・本格的に英語の勉強をしようと思っている人

こんにちは、元商社マンで、独学でTOEIC 900点台を達成した、税理士のまぐすです。

この記事では、これから英語の勉強を始めようとしている人や、すぐに挫折してしまった人に向けて、「英語を勉強する上で大切なこと」というテーマで紹介していきます。

✓この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、社会人1年目でTOEIC 400点台、そこから独学で900点台を達成することができました。

最初は400点台が悔しくて、さらに仕事の幅を広げるために英語の勉強を始めました。でも、モチベーションが全く続かず、挫折しては他の勉強法を探して、、、という繰り返しでした。

そのため、この記事を読めば、これまで何度も挫折してきた人も、これから英語学習を本格的に始めようと思っている人も、きっと英語勉強を継続・英語力向上ができると思いますよ。

ぜひ最後までご覧くださいね。

独学が必要な理由は「基礎固めが必要だから」

まずは、なぜ「英語を勉強する上で、まずは英語学校より独学が必要なのか」について、紹介していきます。

基礎がないと必ず挫折する

「英語の勉強始めようと思うから、まずは英会話学校行ってみよっかな」

こんな人がいますが、断言します。

基礎なく英会話学校へ行っても、ほぼ間違いなく挫折します。

これは、悲しいかな実体験です。

最初に色んな英会話学校に通った結果、ことごとく挫折しました。

英会話学校は基礎がないと無理、、、

英会話学校は、幅広いレベルの人に対応できるようコースが設定されています。

それ自体はきっと、問題ないと思います。

問題なのは、基礎ができてないと勉強が全く楽しくないんです。

せっかく外国人講師と話す機会なのに、基礎がないと会話にならないから楽しくないんです。

・言ってることが分からない

・言いたいことが言えない

・気まずい雰囲気になる

こんな感じです。

こうなると、英会話学校の授業は、単に毎回緊張するものの、ほとんど何も学べない時間になってしまいます。

「言いたいことが言えた」「少しは会話になってきた!」など、成長を感じないと全く楽しくなくなってきます。

それが、英語初心者が挫折する理由の1つだと思います。

✓日本語が話せる外国人講師は予約が取りにくい

「じゃあ、ちゃんと日本語が話せる講師にすればいいんじゃない?」

確かにその通りです。日本語もしっかり話せる講師なら、分からないところもちゃんと教えてくれるので「会話にならない」という状況は避けられます。

でも、大きな問題があるんです。

どこの英会話学校でも、日本語が話せる外国人講師は、とにかく予約が取れない!

考えてみれば当然ですよね。みんな考えることは同じです。

それは英語上級者だって同じです。学ぶ内容が難しくなったり、専門的になればなるほど、日本語でもしっかりサポートしてくれる講師の方がいいですよね。

英語レベルなんて自分しか分からない

結局のところ、自分にあったレベルなんて、自分しか分かっていないと思った方がいいです。

僕の経験上、それは英語学校側に問題があるのではありません。そもそも時間的限界があったり、自分自身に問題がある場合がほとんどです。

 

✓不明点をすべて質問することはできない

英会話学校などで、もし分からないところがあっても、全てしっかり確認できません。

というのも、以下のような課題があるからです。

・自分にも先生にも「分かったふり」をしちゃう

・そもそも何が分からないのかが分からない

・全部聞いていたら時間が足りない

そのため、不明点をすべて確認することはかなりハードです。

もし質問するのであれば、前回の授業の疑問点をまとめ、端的に質問できるよう毎回準備することがおすすめです。

✓「なんとなく」で進んでしまう

「分からないところないですか?」と聞かれても「大丈夫です」と思わず答えてしまうこと、これまでもご経験あったと思います。

時間が限られていたり、周りに他の人がいると、どうしても「なんとなく」で進んでしまうという人、多いと思います。

どうしても「こんなこと聞いていいのかな?恥かいちゃうかな」「たぶん、、、分かった気がする」と思ってしまいますよね。

ただし、それではすぐに英語が身に付くわけがありません。

英会話学校は上手く利用しよう

とはいえ、英会話学校は、国内でネイティブと話せる貴重な機会。うまく利用すれば英語力アップにはつながります。

英会話学校を利用するなら、学べるだけの基本的な知識を身に付けてからにしよう。

思考停止して「英語の勉強を始める=英語学校に通いだす」と思っている人も多いですが、個人的にはそれは間違いだと考えてます。

時間と労力とお金、どれをとっても遠回りです。

まずやるべきことは、英会話学校に通う前に、中学英語の思い出し作業です。

昔、学校で習ったことの思い出し作業をする前に英会話学校に通うことは、ストレットもせずに野球やサッカーの試合に出るようなものです。

しっかりと思いだし作業をして、頭をもみほぐしてから英会話学校に通っても、決して遅くありませんよ。

【実体験】年収を上げたいなら英語を勉強すべき話【調査結果あり】 こんな疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・これから就活を控えている学生 ・転職して年収を上げたい...

基礎を侮ってはいけない

「学生時代の勉強を思い出すだけなら、昔の教科書をパラパラみればOKかな」

そういう人がたまにいます。

でも、それでは思い出したことにはなりません。「あ~これ昔やったな」というのが、ここでいう“思い出し作業”ではないからです。

「聞き流すだけ」は限界がある

特に多いのが、「聞き流すだけ」の教材で思い出そうとする人。

もちろん、ながら学習やスキマ時間の利用に「聞き流し」は便利です。

ですが、基礎を思い出す際には、それは限界があります。

というのも、しっかりと目で見て解説を読まなければ、やっぱり「あ~これ昔やったな」程度の感想で終わってしまうからです。

「聞き流し」の効果があるのは、基礎をしっかりと思いだしてからです。

焦らず、最初のうちはしっかりと思いだし作業に時間を費やしましょう。

パターンを覚えても仕事では限界がある

世の中には、「この例文だけ覚えれば英語はマスターできます!」的な本って、世の中にたくさん出回っていますよね。

確かに、各シーンにおいてどのようなよく使う表現ってあるので、パターン学習は効果的です。

でも、例えば英文法を最初から理解するのをめんどくさがってパターン学習で済まそうとするのであれば、それは違います。

もしかしたら、少しは話せるようになるかもしれません。

ですが、「そんなパターンやってないから、相手が何いってるか分からない」「え、こんなときはどういえばいいんだっけ、、、」ということになってしまうからです。

✓とはいえパターン勉強も最初は大事

とはいえ、パターン学習で出てくるシチュエーションや例文は、本当によく使われるものばかり。

そのため、上手に利用すれば効果的です。

そこで、まずは英語の基礎を固めてからパターン学習するようにしましょう。

そうすることで、パターン学習で学んだ例文を、色々なシーンで応用できるようになりますよ。

ちなみに、僕が最初のころに勉強していたパターン学習の本は、こちらです。


これで基本的な「英語の型」みたいなものは学べたので、あとは基礎知識を生かして、単語を変えたり副詞を追加したりして、英語力を伸ばしてきました。

パターン学習の最初の1冊目としては、かなり使いやすいと思いますよ。

 

できることから始めよう

「最初から英会話学校に通っちゃだめ」「パターン学習もおすすめしない」とすれば、どうすればいいんだろ、、、

そう思う人もいるかもしれません。

結局のところ、思考停止して英会話学校やパターン学習に飛びつくのではなく、「自分のレベルにあった学習方法から始めよう」ということです。

英語の勉強法はたくさんある

英語といっても、その勉強方法はたくさんあります。

例えば、英語力を伸ばすなら以下のような方法です。

・Web学習サービス

・オンライン英会話

・TOEIC

・英会話学校

・語学留学

色んな方法があるので、自分にあった方法を選びましょう。

それぞれの勉強法の詳しい内容は、こちらの記事にまとめていますので、興味がある人はぜひご覧くださいね。

【実体験】社会人が英語力を身につけるおすすめ勉強法6つを比較まとめ【国際税理士が解説】 こういった疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・英語の勉強を始めたい社会人 ・どんな勉強法が自分に...

 

✓自分に合った勉強法とは?

英会話学校やパターン学習以外にも、世の中には英語の学習方法はたくさんあります。

どれを選ぶべきかというと、「毎日続けられる勉強法」です。

勉強を始めた最初のころ、大切なことは「基礎を固めること」とともに、「勉強の習慣化」です。

無理な目標設定をしても毎日続きません。そのため、まずは「毎日続けられそうな勉強法を選ぶ」がおすすめです。

英語学習を習慣化することの重要性については、こちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひ確認してみてくださいね。

【子供から大人まで】TOEIC初心者が独学するときに必要な心構えとおすすめ教材【元商社マンが紹介】 こんな疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・これからTOEICの勉強を始めようと思っている人 ・T...

まずはTOEICから始めるのがおすすめ

個人的には、社会人であればまずはTOEICから始めるのがおすすめ。

その理由については、こちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧くださいね。

【海外へ転職】最速でビジネス英語を身につける勉強法はTOEICがおススメな理由4選【想像より実用的ですよ】 こういった悩みにお答えします。 本記事では、最速でビジネス英語を身に着けたいならまずはTOEICがおススメ...

✓まずは勉強する項目を決めよう

とはいえ、やみくもに勉強を始めても遠回りになってしまいます。

TOEICといっても、いろんな知識がありますよね。

✓TOEICで求められる知識

・単語力

・文法力

・リスニング力 など

まずは、自分がどの項目を伸ばしたいのか・どの項目が必要なのかを決めましょう。

その後で、具体的な勉強方法を検討すれば、効果も実感しやすくなるので、勉強が習慣化しやすくなりますよ。

なお、TOEIC 400点台から独学で900点台まで到達した僕がおすすめする、それぞれの技能ごとの勉強法は、以下の記事でそれぞれ紹介しています。

どの技能を伸ばしたいか決まった人は、該当する記事をぜひご覧くださいね。

TOEIC 勉強法
【TOEIC勉強法】英単語帳は金のフレーズがおすすめな理由【使った感想つき】 こういった悩みにお答えします。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffil...
英単語を最速で使えるようになる勉強法【元商社マンが紹介】 こんな疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・英単語を勉強している人 ・英単語がなかなか覚えられなく...
【英語】リスニングを上達させるコツやおすすめ勉強法をレベル別に紹介【TOEICにも効果的】 こんな疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・英語のリスニングを勉強中の人 ・リスニングに自信がない...
TOEIC 勉強法
【実体験】TOEIC英文法の基礎勉強でやるべき教材おすすめ3選+1【2ヵ月でマスター】 こんな疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・これからTOEICの勉強を始める人 ・一通り勉強したは...

✓TOEIC勉強するときのポイント

「勉強するときのポイントとかってありますか?」

そんな質問を頂くこともあるので、TOEIC勉強法のポイントについてもまとめています。

TOEIC勉強を始める前に、ぜひ一度ご覧くださいね。

【ビジネス英語】TOEICを独学で900点以上取るのに必要な勉強法ポイント3選【初心者や伸び悩んでる人におススメ】 こういった疑問にお答えします。 ✓本記事の想定読者 ・これからTOEICの勉強を本格的に始める人 ・TOE...

やる気がでなくても毎日続けよう【勉強法も紹介】

どうしてもやる気が出ないって日、一度は経験あるんじゃないかと思います。

そんな時でも、習慣化するまでは毎日少しでも勉強する必要があります。

1日サボるだけで、これまでやった数日分の勉強を無駄にしてしまったと思った方がいいです。

そんなときでも出来る勉強法を、こちらの記事に纏めてみました。

「どうしてもやる気が起きない日がある」「仕事で疲れた日は面倒になっちゃう」そんなことを思ったことがある人は、ぜひご覧くださいね。

【英語】やる気が出ない時におすすめの勉強法【実体験】 こんな悩みにお答えします。 ✔︎この記事の想定読者 ・英語の勉強にやる気が出ない人 ・無理なく英語の勉強を...

今回は以上です。

ありがとうございました。

おすすめ関連記事