海外|Lifehack

プラットフォーム「Brain」なら初心者でも稼げます【おすすめ教材も紹介】

ブレインに興味がある人

『最近SNSとかで、ブレインって聞いたことがあるんだけど、これって本当に稼げるのかなぁ?何年もブログ頑張らなきゃいけないとか、そういったことないかなぁ。Brainを使ったら初心者でも稼げるようになるのか知りたい。』

こんな疑問にお答えします。

✓この記事の想定読者

・ Brainをあんまり知らない人

・ Brainに少しでも興味がある人

・ 個人でコンテンツやサービス販売をしてみたい人

 

こんにちは、まぐすです。

この記事では、2020年1月30日にローンチされた知識共有プラットフォーム『Brain(ブレイン)』について、初心者がどうやって稼ぐのかをいち早く解説します。

✓この記事の内容

・ Brainでの稼ぎ方は3つ

・ 初心者がBrainで稼げる理由

・ 初心者がBrainで稼ぐためのおすすめ教材

それでは、解説していきますね。

 

Brainでの稼ぎ方は3

Brainでの稼ぎ方は、大きく分けて3つあります。

稼ぎ方①:自分で教材(コンテンツ)を作って売る

稼ぎ方②:自分でサービスを売る

稼ぎ方③:アフィリエイターとして購入した教材を他の人に販売する

 

稼ぎ方①:自分で教材(コンテンツ)を作って売る

 

Brainは「有料のデジタルコンテンツ、あるいはサービスを販売できるプラットフォーム」です。

そのため、これまでのnoteやインフォトップなどと同様に、パソコンやスマホさえあれば、自分のコンテンツをBrainの中で販売することができます。

例えば、ブログ業界の第一人者ともいえるイケハヤさんは、このBrainの攻略法の教材『【最短ルート】素人でもすぐに稼げる!Brain攻略法を解説』を、情報教材として販売されています。

さらに、特徴的なのが「あなたの商品を売るのがあなただけじゃない」ということ。

Brainでは、あなたの商品を買って「これ、いいな!」と思った人があなたに代わって他の人に紹介・販売してくれるんです。

 

稼ぎ方②:自分でサービスを売る

Brainなら、教材やコンテンツだけでなく「サービス」を売っている人もいます。

例えば、先ほど紹介したイケハヤさんは「【日本最大級】 YouTube攻略サロンへようこそ!」や「【ご案内】イケハヤサロン始めました。」といった、オンラインサロンへ参加する権利を販売しています。

そのため、例えば「Webサイト作りますよ」「Twitter用のアイコン作りますよ」といった、“権利”を販売することだってできるんです。

 

稼ぎ方③:アフィリエイターとして購入した商品を他の人に販売する

Brainの特徴の一つとして、「人のコンテンツやサービスを、他の人に販売することができる」という特徴があります。

詳細については、こちらの記事「初心者におすすめなプラットフォーム「Brain(ブレイン)」とは【誰でも簡単】」で解説していますが、紹介して誰かに買ってもらえれば、最高50%という高い料率で紹介料がもらえるんです。

 

初心者がBrainで稼げる理由

Brainでどのように稼げるかということは分かったと思いますが、ここからは「なぜ初心者でも稼げるといえるのか」について解説します。

 

初心者でもBrainで稼げる理由は、次の通り。

理由①:ブログが要らない

理由②:今ならライバルが少ない

理由③:すでに稼いでいる先人がいる

 

理由①:ブログが要らない

これまで「アフィリエイトで稼いでみたい!」と思ってもブログがないからできない、、、なんてことになってた人もいるんじゃないでしょうか。

Brainなら実は、TwitterとかのSNSのアカウントさればアフィリエイトができちゃうんです。

 

しかも方法は簡単。

 

基本的には、購入したコンテンツやサービスについているこちらの「紹介リンク」をSNSに張り付けて発信するだけ

このリンクは、あなたのBrainのアカウントと紐づけられているので、特にブログとかはいらないんです。

 

理由②:今ならライバルが少ない

 

Brainは、2020年1月30日にリリースされたプラットフォームです。

そのため、本記事執筆時(2020年2月1日)であればまだ3日目。今後Brainが伸びてくると思いますが、現時点ではライバルもそれほど多くなく、新規参入の優位性は取れると思います。

みんなが「よーい、ドン!」でスタートした状態なので、ある意味ではみんな初心者。挑戦してみるチャンスです。

 

✓分野によってはチャンスあり!!

 

本記事執筆時点でのBrain参入者は、控えめにいっても「既にネットで成果を上げてきた人が中心」。

例えば、イケハヤさん、マナブさん、キメラゴンさんなど、、、、

だからこそ、彼らとは別の分野であれば、それこそブログなどに比べればまだまだチャンスはありです。

 

理由③:すでに稼いでいる先人がいる

まだ3日目だというのに、Twitterを見る限り、既に多くを稼いでいる方々がいらっしゃいますね。

これが何を意味するかというと、「Brainは稼ぐためのプラットフォームとして確立されている」ということです。

ローンチされたのに「結局収益つかないじゃん、、、」なんていうことではないんですね。

 

ちなみに、有名な方であれば以下のようなコンテンツを販売されています。

・イケハヤさん|「イケハヤサロン」「YouTube攻略大全+サロン」「YouTube攻略サロン」「【3.8億円稼いだ軌跡】ネットで稼ぎ続ける秘訣を教えます。イケハヤ収益報告(随時更新)」など、情報コンテンツとともにオンラインサロンなどのサービスも展開されてます。

・マナブさん|「ブログ型アフィリエイトの完全講義【ブログ歴6年の僕の集大成です】」ブログ界で有名なマナブさんだからこその“ブログ型アフィリエイト”のノウハウ教材をリリースされてます。

・キメラゴンさん|「【発信で月収6桁達成のテンプレ】月収6桁の中学生が一年間でやってきたこと」:いま注目のキメラゴンさんが月収6桁になるまでのプロセスの詳細と、月収6桁を達成するためのテンプレートを提供してくれてます。

 

初心者がBrainで稼ぐためのおすすめ教材

正直なところ、本記事執筆時点(2020年2月1日)でおすすめする教材は、イケハヤさんの「【最短ルート】素人でもすぐに稼げる!Brain攻略法を解説(特典:期間限定オンラインサロン)」が圧倒的です。

 

情報量が圧倒的に多い

イケハヤさんの「【最短ルート】素人でもすぐに稼げる!Brain攻略法を解説(特典:期間限定オンラインサロン)」、リリースされて2日で既に1万字を超えています

1万字って、例えば次のようなイメージです。

・原稿用紙だと25枚分

・WordでA4サイズで7ページ

・ミニ書籍くらい

しかも、「今後この項目については追記しますよ~」って項目を、既に一覧にしてくれているんです。

今後さらに情報がモリモリになっていきますね。

 

儲けるための具体的方法まで解説

こちらの「【最短ルート】素人でもすぐに稼げる!Brain攻略法を解説(特典:期間限定オンラインサロン)」には、儲けるための具体的な方法まで解説してくれてます。

 

例えば、以下のような項目です。

コンテンツの執筆方法| 自分の教材・コンテンツをどのように作り上げていくかを解説してくれてます。

売れる人気ジャンル| これから自分の教材・コンテンツを作っていこうという人に向けて、売れる人気ジャンルを紹介してくれています。

価格設定の目線| 初心者は一番難しいかもしれない、価格設定。こちらについても、どのくらいの価格設定がいいのか、その目線を示してくれています。

これらはごく一部です。

かなり具体的ですよね。

 

儲けるための心得も紹介

Brainで今後自分の教材やコンテンツを販売していくにあたっての心得を紹介してくれています。

 

「儲けたい」と思うことは、悪ではありません。

せっかくのいい教材・サービスだったとしても、儲けがなければ諦めてしまいますよね。

そうすると、あなた自身も、その教材やサービスを楽しみにしてくれている人も、みんな損してしまいます。

 

そのため、ここで紹介してくれている心得はとても大事だと思います。

▶Brainからイケハヤさんの教材を購入する人はこちら(公式ページに飛びます)

それでは、この辺で以上にします。

・イケハヤさん|「イケハヤサロン」「YouTube攻略大全+サロン」「YouTube攻略サロン」「【3.8億円稼いだ軌跡】ネットで稼ぎ続ける秘訣を教えます。イケハヤ収益報告(随時更新)」など、情報コンテンツとともにオンラインサロンなどのサービスも展開されてます。

・マナブさん|「ブログ型アフィリエイトの完全講義【ブログ歴6年の僕の集大成です】」ブログ界で有名なマナブさんだからこその“ブログ型アフィリエイト”のノウハウ教材をリリースされてます。

・キメラゴンさん|「【発信で月収6桁達成のテンプレ】月収6桁の中学生が一年間でやってきたこと」:いま注目のキメラゴンさんが月収6桁になるまでのプロセスの詳細と、月収6桁を達成するためのテンプレートを提供してくれてます。

✓Brain(ブレイン)の基礎を知りたい方は、こちらの記事をチェックしてください。

初心者におすすめなプラットフォーム「Brain(ブレイン)」とは【誰でも簡単】 こんな疑問にお答えします。 ✔︎この記事の想定読者 ・ Brainをあんまり知らない人 ・ Brainに少...
おすすめ関連記事