成功ノウハウ

【信頼できる方法のみ】自分の長所・強みの見つけ方3選【転職や副業に生かそう】

 

自分の強みが分からず悩んでいる人

『就職や転職にしても、自分の強みが説明できないし、資格の勉強もいつも続かなくて、、、自分に強みをなんてあるのかな。自分では見つけられないから、客観的に知る方法があれば知りたいな。』

こんな疑問にお答えします。

 

この記事の想定読者

・自分の強みが分からない社会人

・自分に自信がなく悩んでる人

・何かにチャレンジしてみたい気持ちがある人

 

こんにちは、転職でキャリアアップしてきた、税理士のまぐすです。

この記事では、転職や資格に挑戦したときの"圧倒的な自己肯定感の低さ"を克服した経験をもとに、『自分の強みを診断する3つの方法』について紹介します。

 

この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、Big4・5大総合商社・大手金融の企画部署を経て、現在は海外で新規事業の立上げを指揮しています。

転職のときは周りから『転職しない方がいいよ』、税理士試験では『無理だよ』と言われ、悩みつつもチャレンジしてきました。

 

自己肯定感が高くない人は、変化を恐れ、チャレンジするのを躊躇いがちだと思います。僕がずっとそうです。

そんな人でも、この記事を読めば『自分だけの強みが分かり、自分が生かせる環境や、変化にチャレンジする勇気が持てる』と思います。

『興味はあるけどチャレンジできずにいることがある』という人は、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

それでは、紹介していきます。

 

自分の長所・強みの見つけ方3選

 

早速、自分の強みを見つける方法を紹介します。

結論、以下の3つです。

 

強みを見つける方法

方法①:世界的研究機関のサイト

方法②:キャリア診断用サイト

方法③:累計100万部ベストセラー書籍

 

方法①:世界的研究機関のサイト

 

こちらは、アメリカのVIA研究所が提供する強み診断ツール『VIA-IS』を利用する方法です。

 

メンタリストDaiGoさんもおすすめ

 

『え!?海外のサイト!?…怖い』

そう思う人もいるかもしれません。

 

でも、この診断ツールは、世界190カ国、260万人以上の人々に使用されている信頼のおけるものです。

 

メンタリストDaiGoさんも、こちらの動画で紹介されています。

 

 

強みは全部で24種類に分類され、そのうちトップ5の強みがその人の強み(Signature Strength)」とされています。

 

この方法のメリット

 

こちらのサイトを使うメリットは、以下の通りです。

 

このサイトを使うメリット

・世界的研究機関だから信頼できる

・日本語対応している

・無料で使える

 

無料で使えるし、『登録完了メール』以外の迷惑メールみたいなのも来なかったので、安心できると思いますよ。

 

使い方

 

まず、こちら『VIA-IS』にアクセスして、簡単な情報を入力します。

①:言語を「Japanese」にする。(質問が日本語になります)

②:名前(名)を英語で

③:苗字(姓)を英語で入力

④:emailアドレスを入力(gmailなどテキトーなものでOK)

⑤:覚えやすいパスワードを入力

⑥:色んなメールを受け取りたい人だけクリック

⑦:「規約を読んだ!」になるので、必ずチェック

 

あとは問題に答えるだけ。

診断テストなので、問題は120問あります。15分〜30分くらいで終わりますよ。

 

この方法のデメリット

 

デメリットは、以下の通りです。

 

海外サイトを無理に翻訳してるイメージなので、意味が少し分かりにくい、、、

 

実際やってみると、翻訳が少し分かりにくいです。

具体的には、以下のようなイメージ。

 

・日本語表現がかたい、、、

・意味が分かりにくい、、、

 

『事細かに説明してほしい!』という人だと、イメージとは少し違った結果かもです。

 

方法②:キャリア診断用サイト

 

こちらは、転職サイト『リクナビNEXT』が提供する『グッドポイント診断』を利用する方法です。

 

診断結果は8586通り

 

「グッドポイント診断」では、以下の18種類の強みのうち5つを診断してくれます。

結果は、例えば以下のような感じで出てきます。

診断結果は8568通りもあるので、自分だけの強みを見つけることができますよ。

 

 

この方法のメリット

 

このサイトのメリットは、以下の通りです。

 

メリット

・人材業界最大手のリクルート社の転職サービス

・国内のサービスなので、日本語での診断結果が分かりやすい

・転職活動にそのまま生かせる

 

リクナビNEXTは、人材業界最大手のリクルート社の転職サービス。

会員は916万人以上、転職者の約8割が使っているとされるサービスです。

 

国内のサービスなので、診断結果もちゃんと分かりやすく・詳細に伝えてくれます。

『初めて強み診断をしてみる』って人には、取り掛かり易い方法ですよ。

 

使い方

 

登録自体は、5分くらいで終わります。

 

ステップ①:メールアドレスの登録

 

まずは、こちらの『リクナビNEXT』にアクセスして、メールアドレスを登録します。

 

ステップ②:ログイン

 

下記「ログインページへ移動」をクリック

 

以下の画面の「新規会員登録へ」をクリック

ステップ③:仮登録メールを受信

 

下記で、先ほど入力したメールアドレスと文字認証を入力し、「同意して仮登録メールを送信」をクリック。

 

ステップ④:基本情報を登録

 

あとは職歴などを登録します。

基本的に、「任意」は回答不要。必要なところだけ登録すればOKです。

 

あとは、トップ画面に戻って、下記「グッドポイント診断」をクリックして質問に答えるだけ。

 

回答が終わったら、こんな感じで診断結果が表示されます。

 

この方法のデメリット

 

基本的にデメリットはありません。

 

リクナビNEXTは、「自分で希望する企業を探す」サイト。

登録時にサポート希望しなければ、しつこく電話が来ることも、迷惑メールが来ることもありませんでした。

 

登録する際、以下の画面で「転職支援サービス」を申し込まなければ、基本的には電話・メールはありません。

強いて言えば、以下の通りです。

 

転職活動に活かしてこそ、診断効果を最大限に生かせる。

 

リクナビNEXTが提供するサービスなので、リクナビNEXTでの転職活動にそのまま生かせるような表現・形式になっています。

そのため、転職に興味がある人なら、そのままリクナビNEXTに転職活動情報も登録してみるのがおすすめですね。

 

>>>グッドポイント診断を無料で試してみる

 

方法③:累計100万部ベストセラー書籍

 

累計100万部突破、全世界で2,400万人が活用しているこちらの書籍で、自分の強み(=ストレングス)を見つける方法です。


 

この方法のメリット

 

この本を利用するメリットは、以下の通りです。

 

圧倒的な実績と信頼性。

 

この本は、アメリカのコンサルティング会社:Gallup社が、約40年かけて200万人以上の調査を行い開発した、『自身の強みを可視化する自己分析ツール』を受講するための本です。

累計100万部突破、全世界で2,400万人が活用していて、世界中の企業研修でも導入されています。(日本だと、サイバーエージェントなどでも導入されているようですね。)

 

膨大なデータと時間から導き出された、圧倒的な信頼性を有する自己分析ツールを、一度試してみても損はないと思いますよ。

 

使い方

 

こちらの本の使い方は、書籍の最後のページに付属されている『シリアルコード』を使って、専用ウェブサイトでテストを受け、分析結果に基づき該当箇所の解説を本で読む。

 

具体的には、以下の手順です。

 

✔この本の使い方

ステップ①:本書の第1部を読む

ステップ②:巻末のシリアルコードを使って、専用サイトにログイン

ステップ③:テストを受講

ステップ④:診断結果に基づき、本書の第2部で結果の内容を分析

 

本書の第2部では、強みとなる「資質」の解説や行動アイディアなどが紹介されています。

 

この方法のデメリット

 

この方法のデメリットは、2つ。

以下の通りです。

 

デメリット①:お金がかかる、、、(約2,000円)

デメリット②:テスト結果の日本語訳がイマイチ、、、

 

この書籍、約2,000円します。

 

『え、中古じゃダメなの!?』

そう思う人もいるかもしれません。

 

中古本では、診断テストが受けられないんです。

 

上記の通り、ストレングスファインダーの診断テストを受けるためには、本に付属されているシリアルコードが必要になります。

ただし、このシリアルコードが『1回しか使えない』んです、、、

 

そのため、中古本を買ってもテストは受けられません。

 

『2,000円でも、せっかくなら受けてみたい!』という決意の固い人には、ぜひおすすめしたいです。

ですが、『初めてだから、まずはどんなものか試してみたいな、、、』という人には、ちょっと迷っちゃうくらいの金額ですよね。

 

さらに、診断結果の日本語訳がイマイチ、、、

 

もちろん、本の日本語はわかりやすいです。(笑)

 

ですが、診断テスト自体は、基はアメリカのGallup社のものなので、日本語訳がちょっと、、、です。

大まかな内容を把握するのには全く問題ないですが、細かなニュアンスや深掘りした内容を知りたいという人には、ちょっとストレスかもです。

 

まとめ

 

さいごに、この記事のまとめです。

 

結論、自分の強みを見つける方法は、以下の3つです。

 

強みを見つける方法

方法①:世界的研究機関のサイト

方法②:キャリア診断用サイト

方法③:累計100万部ベストセラー書籍

 

ただし、個人的なおすすめは「方法②:キャリア診断用サイト」、つまりリクナビNEXTが提供する『グッドポイント診断』を利用することです。

 

ほかの2つの方法は、世界的に評価されている信頼性の高い方法。

診断結果は信じてOKだと思います。

 

ですが、結果の解説の日本語訳がイマイチなので、まずは『グッドポイント診断』を受講して、それを補完するイメージでほかの2つの方法を利用するのがおすすめ

>>>グッドポイント診断を無料で試してみる

 

ぜひ、自分の強みを知って、転職や資格の勉強など、新しいことにチャレンジしてみてもらえたら嬉しいです。

 

今回は以上です。また次の記事でお会いしましょう。

ありがとうございました。

 

【実体験】おすすめ転職サイト・エージェントの紹介と比較まとめ【30代から50代にも】 こういった疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・転職を検討している人(20代~50代まで) ・どの...

 

おすすめ関連記事