就職・転職|Career

【採用担当が紹介】転職に成功する人の特徴と秘訣3つ【書類作成のポイントも】

 

転職に興味がある人

『転職にちょっと興味があるんだけど、転職に成功する人と失敗する人って違いがあるのかな。転職に成功する人の特徴とか、成功のための秘訣とかあれば知りたいな。』

こんな疑問にお答えします。

 

✓この記事の想定読者

・転職に失敗したくない人

・転職にちょっとでも興味がある人

・これから転職活動をしてみようと思っている人

 

こんにちは、複数の大手企業で採用担当をしていた、税理士のまぐすです。

(キャリアについては、こちらの「プロフィール」をぜひご覧くださいね。)

 

この記事では、転職に興味がある人・これから始めてみようか悩んでいる人に向けて「転職に成功する人の特徴と秘訣」を紹介します。

 

✓この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、4大税理士法人・5大総合商社・大手金融とキャリアを積んで、現在では海外で新規事業立上を担当しつつ、まったり海外生活をしています。

転職実績に加え、それぞれの企業で採用担当者もしていました。

そのため、転職者の気持ちだけでなく、就職・転職における企業側の都合なども詳しく把握しています。

 

各企業で採用担当をして気づきました。

正直なところ、この記事で紹介する3つの秘訣をちゃんと意識している人はかなり少ないし、僕自身が転職を成功させられた理由の一つが、この記事で紹介する秘訣かもしれません。

この記事を読めば、きっと他の候補者に大きく差をつけることができると思うので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

それでは、紹介していきます。

 

転職に成功する人の特徴と秘訣は3つ

 

転職に成功する人の特徴と秘訣。厳選すると3つしかありません。

 

それは、以下の通りです。

✓転職に成功する人の特徴と秘訣

秘訣①:「自分と言う商品を売り込む」というマインド

秘訣②:「面接官が社内を説得するための材料を与える」という姿勢

秘訣③:「履歴書や職務経歴書に、すべては欠かない」というテクニック

 

秘訣①:「自分と言う商品を売り込む」というマインド

 

転職とは、一言でいえば「自分と言う商品を売り込むこと」です。

 

採用は会社にとって大きな買い物

 

会社が転職者を採用するときに必ず持っている目線。

それは、以下の通りです。

 

その人が、自分の給料を超える成果・結果を会社に与えてくれるか。

 

例えば、年収1,000万円の30歳を、60歳まで採用するとします。

この場合、会社側では年間1,500万円~2,000万円、30年間で4億5,000万円~6億円くらいコストがかかります

 

会社側では、給料だけでなく、パソコンやデスクの設備費用や、社会保険料や退職金の積み立てなど、給料以外にも多くのコストがかかるからです。

会社にとって、採用がどれだけ大切なことかわかりますよね。

 

自分と言う商品を売り込む

 

会社にとって、内定を出すということ。

それはつまり、将来にわたって活用する何億円もの買い物をすると言うこと

 

「自分は数億円の価値を提供できる人材なんだ」と言う気持ちでアピールしよう。

 

この「コスト感覚」をもって、

長期的に見て「会社にとってもメリットがある存在」ということを意識することが大切。

 

仮に、圧迫面接や意地悪な質問があっても、そこでめげてはいけない。

なぜなら、相手は大きな買い物をするのだから腹探しをするのは当然。

 

例えば、高級な家具家電や、一軒家を購入する場合。

立地や周辺の環境、他の製品との比較など、出来る限り慎重にいろんな角度で調べると思います。

もちろん、人と物を比較はできませんが、気持ちとしては似たところがあると思いますよ。

 

そのため「会社は自分と言う高い買い物するんだ」という心構えでいることが大事。

準備も慎重になるし、圧迫面接等の緊張状態も「仕方ないかな」と思えると思いますよ。

 

【税理士業界の転職】志望動機の作り方は3つのことを考えればOK【自動的に作れます】 こんな疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・自分の志望動機に自信がない人 ・志望動機の正しい書き方...

 

秘訣②:「面接官が社内を説得するための材料を与える」という姿勢

 

実はこれ、面接官の立場からするとかなり大切。

 

応募する側からすると、「目の前の面接官に好かれよう」「面接官を口説き落とそう」と必死になっている人がほとんど。

それ自体、間違ってはいません。

 

ですが、転職成功者は「面接官の裏にいる“最終決定者”」を見ています。

 

もし内定を出すとした場合、面接官はその人の上司を説得したり、社内稟議を通す必要があります。

上記でも紹介した通り、高価な買い物ですからね。

 

つまり、面接官がその上司に、応募者の人柄やスキル、どんなふうに会社に貢献してくれるかなどを、応募者に代わって説明してあげる必要があるんです

 

それが説明できない限り、内定の社内稟議は通りません。

 

そのため、その面接官が、上司に報告しやすいように、ということを意識しながら、自分をアピールしなければいけません。

 

ポイントは「ストーリー仕立て」

 

では、どのようにアピールすれば、面接官がその上司に説明しやすいか。

ポイントは、「ストーリー仕立て」。具体性のあるエピソードが大事。

 

面接をイメージすると、形式ばったポイントや、定性的な実績をアピールすることをイメージする人、少なくないかと思います。

例えば、学歴やTOEICの点数、現職での実績などです。

 

でも、それでは具体性がなく、面接官もその上司に、臨場感を持って「具体的にどのように」有望な人材なのかを説明しづらい。

 

そのため、できるだけ実際のエピソードを添えて、ストーリー仕立てで説明するように心がけるのがおすすめ。

どんな小さな実績や、ちょっとしたエピソードでもいいです。

過去を思い出しつつ、ストーリーを組み立ててみてくださいね。

 

秘訣③:「履歴書や職務経歴書に、すべては欠かない」というテクニック

 

真面目な人ほどやりがちなのが、このポイント。

履歴書や職務経歴書に、言いたいことすべてを書いてはダメ。

 

履歴書は「きっかけ作り」

 

転職成功者における履歴書や職務経歴書の位置づけ。

それは「質問のきっかけ作り」です。

 

たまに、実績を大きく見せるためか、こと細かに詳細まで全てが書いてある職務経歴書を見かけます。

ただ、これでは書類をうまく利用できていません。

 

その理由は、以下の2つです。

理由①:書類審査で落とされやすくなってしまう

理由②:面接で想定外の質問をされてしまう

 

理由①:書類審査で落とされやすくなってしまう

 

理由①は、「面接してみたい!あってみたい!」と思われなくなる可能性があるためです。

 

職務経歴書で、その人の実績やストーリーがほぼイメージできてしまうと、それ以上の興味を持ってもらえません。

 

面接のために時間と労力をかけようと思わないということですね。

 

それどころか、「まぁきっとこんな感じだろ」と勝手にイメージされてしまい、書類審査の段階で落とされてるなんて結果になっちゃうかもです。

 

理由②:面接で想定外の質問をされてしまう

 

また、職務経歴書に全てが書いてあると、せっかく面接に進んだとしても、面接官はそれ以上聞くことがありません。

 

そのため、履歴書には載っていないことや、予想してなかったような質問がされる可能性が高まります。

 

履歴書に書いていることはきっと、アピールしたいポイント。

面接では、あくまでそのアピールしたいポイントに関する質問をされるように、職務経歴書を作ることがおすすめ。

 

面接でも生きる職務経歴書の具体的な書き方については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

 

面接にも生かせる合格しやすい履歴書・職務経歴書の書き方ポイント【初心者必見】 こういった悩みを解決します。 ✓この記事の想定読者 ・履歴書や職務経歴書を書こうと思っている人 ・書類の作...

 

押さえておきたい職務経歴書の書き方のポイント

 

上記を見て、「じゃあどんな感じで職務経歴書を書けばいいんだ」と悩む人もいるかもしれません。

そこで、上記を踏まえて「職務経歴書の書き方のポイント」を紹介します。

 

ポイントは3つです。

✓転職成功のための職務経歴書のポイント

ポイント①:形容詞や抽象的な表現を避ける

ポイント②:箇条書きをうまく使う

ポイント③:その仕事の難しさを明確に

 

ポイント①:形容詞や抽象的な表現を避ける

 

特にやってしまいがちな間違いがこれ。

 

抽象的な表現は、いくら使っても相手には全く伝わらない。

主観的な形容詞も、あまり意味はありませんよ。

 

抽象的な表現や、主観的な形容詞。

これらはできるだけ避けるべき。

 

意味がないだけでなく、文章がダラダラと長くなってしまい、読みにくくなってしまう可能性だってあるからです。

 

抽象的な表現や、避けるべき主観的な形容詞とは、例えば以下です。

・十分に

・しっかりと

・たくさん

・頑張って

 

作り方は「後から事例に置き換える」

 

とは言え、初めから形容詞なしに全てを表現するのは難しい。

むしろ、それにとらわれて変な文章になってしまうかもしれません。

 

そのため、まずは一旦自由にドラフトしてみてOK。

後から読み返して、抽象的な表現や、主観的な形容詞を具体的な事例に置き換えればOKです。

 

抽象的な表現や形容詞は、できるだけ数字や具体的な事例に変更しよう

 

事例は小さなことでもOKです。

抽象的な表現より、伝わりやすくなりますよ。

 

ポイント②:箇条書きをうまく使う

 

履歴書や職務経歴書は、見やすさも大切

 

なぜなら、採用担当は多くの候補者の書類を見なきゃいけないからです。

その中から「期待できそうだな!」と思う人を探しているので、「見やすく」「わかりやすく」が大切。

 

とは言え、いきなり文章力を上達させるのも難しいし、これから現職での実績が増えるということもないかもしれない。

 

手っ取り早いのは、「箇条書きをうまく利用すること」です。

 

箇条書きを使うと、見やすくなるだけでなく、余計な形容詞なども使われなくなるため、簡潔で見やすい文章になります。

 

むしろ、箇条書きから構成を考えてもOK

 

テクニックの一つとして、「書きたいことを箇条書きすること」から始めるのもおすすめ。

なぜなら、構成を組み立てやすくなるからです。

 

起承転結に分けて、それぞれ伝えたい“コアメッセージ”や“エピソード”を箇条書きしてみる。

それに、小さな実績やエピソードなどを肉付けしていっても、うまく文章が作れると思いますよ。

 

ポイント③:その仕事の難しさを明確に

 

採用担当の立場からすれば、一番大事かもしれないポイントがこちらです。

すごく重要なのに、書かれていないことが多いポイントかもしれません。

 

誰もが、仕事でこんなんに直面した事はあるはず。

 

でも、いざ職務経歴書に書こうとすると、「こんなことを頑張った」「こんな工夫をした」ということばかりが書いてあるケースが多い気がします。

何となく、心当たりのあるという人も少なくないんじゃないかと思います。

 

でも、採用担当者から見れば、前職と環境も状況も違うので、「それがどれだけ大変なことなのか」「どれだけ凄いことなのか」、全くわかりません。。。

 

例えば、「営業で1位になった」「社内で初めて○○をした」といっても、正直それがすごいのかどうかわかりません。

営業で1位といっても、何人の中での1位なのかや、それが先輩のサポートのおかげなのかなど。

「社内で初めて○○をした」といっても、他の人がやらなかった理由がなんなのか、課題がなんなのかわからなければ、すごいのかどうかすらわからない。

 

なので、まず書くべき事は「その仕事のどんなところが、どのように難しかったか」です。

 

正直なところ、課題に対する解決策や工夫で、他の候補者に差をつける事は結構難しいです。

なぜなら、会社組織でできる事は、ある程度決まっているから。

 

それよりも、『なぜその仕事が難しかったのか」を、具体的にイメージさせ、理解させることの方が、勝敗を分けるきっかけになりますよ。

 

より詳しい「履歴書や職務経歴書の書き方」については、こちらの記事でも詳しく紹介しているので、ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

 

【テンプレート付】転職で成功する人の履歴書・職務経歴書の共通点5選【元商社の採用担当が解説】 こんな疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・転職のためにこれから履歴書や職務経歴書を作ろうとしてる人 ...

 

✓おすすめ転職サイト・エージェント

【誰もが登録すべき総合系①】【リクルートエージェント】|業界最大手で転職支援実績No.1。圧倒的な求人数に加え、履歴書や職務経歴書の添削・面接サポートも心強い。

【誰もが登録すべき総合系②】dodaエージェントサービス|転職者満足度No.1。日本全国に拠点を持つ業界2番手で、非公開求人が特に多いのが特徴。登録すれば好条件の求人と出会える可能性あり。

【ハイクラス求人の王道】JACリクルートメント|管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けに特化。薦めたい転職エージェントNo.1で、利用者満足度90%以上。20代後半~50代前半をターゲットにしているため、30代~40代にもおすすめ。

【ハイクラス・30代40代求人が多い】Samurai Job|JACリクルートメントが共同運営。国内大手・グローバル企業・外資系企業などハイクラスに特化。海外駐在や海外転職、ハイクラスな独占求人も魅力。

【初心者におすすめ(女性にも)①】パソナキャリア|未経験で応募できるポテンシャル求人から管理職クラスまで幅広い求人が特徴。転職活動のやり方や自己PRの仕方をサポートしてくれるのに加え、「転職ノウハウ本」ももらえる。平日・土曜日は夜間も面談可も嬉しい。

【初心者におすすめ②】リクナビNEXT|限定求人が約85%が特徴。未経験者歓迎の求人が多く、かつ、履歴書や職務経歴書フォーマットをもらえたり、自分の強み分析をしてくれるなど、転職初心者に特におすすめ。

※リンクをクリックするとホームページへアクセスします。

 

まとめ

 

最後に、この記事のおさらいです。

 

転職に成功する人の特徴と秘訣は、以下の通りです。

✓転職に成功する人の特徴と秘訣

秘訣①:「自分と言う商品を売り込む」というマインド

秘訣②:「面接官が社内を説得するための材料を与える」という姿勢

秘訣③:「履歴書や職務経歴書に、すべては欠かない」というテクニック

 

さらに、転職成功のための職務経歴書のポイントは以下の3つです。

✓転職成功のための職務経歴書のポイント

ポイント①:形容詞や抽象的な表現を避ける

ポイント②:箇条書きをうまく使う

ポイント③:その仕事の難しさを明確に

 

今回紹介したポイントを理解したら、ぜひ転職活動にチャレンジしてみてくださいね。

転職は、きっと想像している以上に時間がかかります。

 

【実体験】転職活動は何ヶ月前に開始すべきかと目安期間【採用担当が紹介】 こんな疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・転職に興味がある人 ・いつから転職活動...

 

ぜひ転職を成功させて、自分が望む環境・生活を実現させてくださいね。

 

【転職の方法】転職エージェントは必要?絶対に利用・登録すべき理由3選【必須です】

 

この記事が、少しでも転職成功に役立ってくれたら嬉しいです。

今回は以上です。ありがとうございました。

 

【実体験】おすすめ転職サイト・エージェントの紹介と比較まとめ【30代から50代にも】 こういった疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・転職を検討している人(20代~50代まで) ・どの...

 

 

おすすめ関連記事