その他ライフハック

【サラリーマン副業】情報発信の種類と稼ぎ方を紹介【実はかなりあります】

 

情報発信に興味がある会社員

『インスタとかYouTubeとか、最近サラリーマンで情報発信してる人多いけど、どうやって稼いでるのかな?自分も興味あるけど、稼げるか分からないし、無駄になっちゃうのかな、、、』

こんな疑問にお答えします。

 

✔この記事の想定読者

・情報発信での稼ぎ方が知りたい人

・副業に興味がある会社員

・SNSはいつも閲覧専門の人

 

こんにちは、税理士のまぐすです。

この記事では、情報発信で稼いでいるクライアントや、自らブログで発信している経験をもとに、『情報発信での稼ぎ方と、サラリーマンこそ情報発信すべき理由』をテーマに紹介します。

 

✔この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、自らブログで情報発信していることに加えて、情報発信で稼いでいるクライアントを、税理士として数多く見てきました。

 

情報発信に興味はあるけど、いつも閲覧専門の人って、多いと思います。

 

色んな方法で情報発信できる時代。

この記事を読めば、情報発信でどのように稼ぐのかや、サラリーマンこそ情報発信すべき理由がわかります。

 

副業時代と言われる現代ですが、情報発信するといろんなメリットがあります。

この記事を読み終えたら、ぜひ一歩踏み出してみてくださいね。

 

それでは、紹介します。

 

情報発信の種類と稼ぎ方

 

それでは、主な情報発信の仕方と、それぞれの稼ぎ方について紹介します。

 

情報発信の種類

 

ブログやSNSなど、現代ではいろんな情報発信の仕方がありますよね。

 

例えば、以下のような方法・プラットフォームです。

 

Webサイト ・ブログ
・note
・Brain
SNS ・Instagram
・Facebook
・Twitter
動画・音声配信 ・Youtube
・17 LIVE
・Voicy など

 

匿名でも取り組める

 

これだけ1情報発信の種類が増えた現代。

発信している人の職業や年齢、発信している内容も様々。

 

『でも、サラリーマンじゃ難しいだろうな、、、周りにばれたら嫌だし』

そう思う人もいるかもしれません。

 

ですが、匿名で情報を発信し、稼いでいるサラリーマンはたくさんいます。

例えば、サラリーマンYouTubeや、匿名ブロガーなどです。

 

重要なのは権威性とかです。

 

これだけいろんな人が情報発信している現代。

単に顔出ししているからといって、読み手や聞き手から信頼されるわけでもありません。

 

よく言われるのは、『E-A-T』。

つまり、以下の通りです

 

Expertise(専門性)

Authoritativeness(権威性)

Trustworthiness(信頼性)

 

これは、Googleが定めるWebページ評価の基準の一つ。

つまり、Googleは上記がある記事を『いい記事!』と評価しているということ。

 

(僕もまだまだがんばります…)

 

情報発信での稼ぎ方

 

それでは具体的に、情報発信の仕方について紹介します。

 

以下の種類に分けて、紹介しますね。

Webサイト ・ブログ
・note
・Brain
SNS ・Instagram
・Facebook
・Twitter
動画・音声配信 ・Youtube
・17 LIVE
・Voicy など

 

情報発信での稼ぎ方:Webサイト(ブログ、noteBrainなど)

 

僕もやっている、ブログでの情報発信。

自分のサイトやアカウントを持って、そこで発信していく方法ですね。

 

【稼ぎ方】正直、無限大です

 

ブログやnoteなどのプラットフォーム。

これは、自分の畑のようなものです。

 

そのため、どんな果物や野菜を育てるかは自分次第。

稼ぎ方も、無限大にあります。

 

例えば、以下のような稼ぎ方があります。

 

広告料 YouTubeとかと一緒
おすすめの商品・サービスの紹介 知り合いとか友達からのおすすめ紹介のイメージ
自分の商品やサービスの販売 サイト自体が自分の広告
自社サイトへの流入 サイト自体が自社のCM
企業案件 プラットフォームを使って企業からの依頼に応えるもの

 

イメージしにくいのは、企業案件かもですね。

これは、サイトを見た企業から『この商品・サービスを紹介してください!』と、直接企業から仕事の依頼を受けるもの。

 

インスタグラマーとかが稼ぐのと同じ感じです。

 

サイト立ち上げの方法は2種類【簡単です】

 

では、どのように『自分の畑』を持つかというと、大きく2つに分かれます。

 

ブログ:自分で作る

noteやBrain:サイトに登録

 

ブログの立ち上げ

 

これは一手間かかります。

でも、メリットもあるんです。

 

自分らしい写真・自分らしいデザインなど、いくらでもカスタマイズ可能です。

 

作り方も、今では有名ブロガーさん達が、YouTubeで手取り足取り教えてくれます。

僕が参考にしたのが、こちらのマナブさんの動画です。

 

 

30分~1時間くらいで、立ち上げられますよ。

 

※上記で紹介されている、ブログ立ち上げに必要なソフトウェアなどは、以下です。

【ソフトウェア】Wordpress|僕もこのブログで利用しているソフト。プログラミングなんて全く知らない人でも、こちらを使えばまったく問題なしです。本格的にブログをやっている人のほとんどが使っているので、分からないことがあれば、ググればすぐ分かりますよ。

>>WordPress の申し込みはこちら

【サーバー】エックスサーバー|Wordpressを苗木だとすると、サーバーは土地のイメージ。データを置いておく場所です。エックスサーバーは国内シェア・サーバー速度もNo. 1で、人気のレンタルサーバーです。※10日間無料

>>エックスサーバーの申し込みはこちら【エックスサーバー

【ドメイン】お名前.com|サイトのURLにあるドメイン、「.com」とか「.co.jp」のようなもの。自分だけのドメインを取得できます。

>>エックスサーバーの申し込みはこちら【お名前.com

 

noteやBrain

 

こちらは簡単。

無料登録するだけでOK。TwitterやInstagramでアカウントを作るのと同じです。

 

最大のメリットは、登録してすぐ記事を書き始められること。無料・有料記事どちらもOKです。

 

SNSのように、基本情報を入力すれば完了。

5分くらいで終わります。

 

>>noteの公式サイトはこちら

>>Brainの公式サイトはこちら

 

SNSでの稼ぎ方

 

次に、SNSでの稼ぎ方を紹介します。

 

SNSは『自分が広告塔』

 

SNSでの稼ぎ方も、いろんな種類があります。

ですが、ブログとの違いは『自分が広告塔になる』と言った感じでしょうか。

 

例えば、以下の稼ぎ方があります。

 

・写真を売る(Instagram)

・SNSを利用して自分のサイトに流入

・フォロワーを増やして企業案件

・商品紹介

 

こんな感じです。

 

稼ぐための準備

 

フォロワーを増やして企業案件をもらうには、まずはSNSを頑張るのが1番。

 

また、自分のサイトにアクセスしてもらえるようにするには、まずはサイトを持つ必要がある。これは上記で紹介済みですね。

 

Instagramなら、写真が売れる

 

Instagramをやってる人は、自分の写真を売ることもできます。

 

例えば、有名なのがSnapmart。

1枚60円から購入できるプラットフォームで、おしゃれな写真が満載。

まずは登録して、1枚買ってみると仕組みがわかるかもですね。

 

>>Snapmartの無料登録はこちら【Snapmart

 

TwitterやInstagramなら広告収入もできる

 

『じゃあ、企業から声がかからないと、SNSでは好きな商品やサービスをおすすめして広告料もらえないの?』

というと、そうではありません。

 

SNSでも、広告収入が得られるものもあります。

 

有名なのだと『もしもアフィリエイト』。

TwitterやInstagramで好きな商品・サービスを紹介して、広告料がもらえます。

 

無料登録すれば、トップページに以下のようなページがあります。

SNSを活用している人なら、使ってよかった化粧品・試して良かったサービスを友達に紹介する感覚で始められますよ。

 

>>もしもアフィリエイトの無料登録はこちら

 

動画や音声配信での稼ぎ方

 

いままさに伸びている業界が、動画や音声配信サービス。

YouTubeだけでなく、ライブ配信の『17ライブ』や『Voicy』などがありますよね。

 

稼ぎ方は、今のところは以下がメインです。

 

・広告料

・企業案件

 

広告料は、YouTubeの途中で出てくるアレですね。

企業案件は、他と同じく、企業から『これ紹介してください!』と声がかかるイメージです。

 

ただ、稼ぎ方は今後どんどん増えるかも

 

動画や音声配信サービスは、今後どんどん増えるかもです。

実際、テレビに出るYouTuberとかも増えてますよね。

 

チャレンジしてみる価値は、十分ありそうですよね。

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

 

おすすめ関連記事