就職・転職|Career

【大手経理の転職】転職サイト・エージェントは複数利用すべき理由【採用担当が解説】

 

転職に興味がある人

『転職活動にエージェントが必要なのはわかったけど、どの転職サイトやエージェントに登録すればいいのかな。いくつも登録しちゃったら失礼かもしれないし、、、転職サイト・エージェントは絞った方がいいか教えてほしい。』

こんな疑問にお答えします。

✓この記事で解消できる疑問や悩み

・転職サイトやエージェントって、1つに絞った方がいいのかな、、、

・なんで複数の転職サイト・エージェントを利用した方がいいのかな、、、

・いくつかのエージェントを利用していることは内緒にした方がいいのかな、、、

 

こんにちは、複数の大手企業で採用担当をしていた、税理士のまぐすです。(キャリアについては、こちらの「プロフィール」をぜひご覧くださいね。)

 

この記事では、転職に興味がある人に向けて「転職サイト・エージェントは複数利用すべき理由」を紹介します。

✓この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、4大税理士法人から5大総合商社・大手金融を経て、現在ではまったり海外生活をしています。

現職でもそうですが、各企業では採用担当もしていました。

そのため、人気の大手企業の採用担当側の事情を把握していますよ。

 

転職サイトやエージェントは、世の中にたくさんありますよね。

そのため、特に転職初心者の方にとっては、どの転職サイトを利用すべきか悩む人も少なくないと思います。

 

僕の結論は「複数利用すべき」です。

 

とはいえ、「なんでいくつも利用した方がいいの?」「どのように利用すべきなの?」という疑問もあると思います。

その点について、詳しく紹介していきますね。

 

転職サイト・エージェントは複数利用すべき理由

 

転職エージェントは、複数を利用するのが基本。

リクルートグループが運営する「リクナビNEXT」によれば、転職決定者は平均して4.2社の転職エージェントを利用しているとのことです。

✓転職エージェントの平均利用社数

・転職決定者: 平均4.2社

・全体: 平均2.1社

出展:リクナビNEXT「転職エージェント(人材紹介会社)を使った転職活動ガイド

 

実際、僕も転職活動の際には、平均して8~10社くらい利用しています。

(1度面談をして、僕の希望やそのエージェントの強み・弱みを確認し、お互い合意の上で合わなくなったというケースもありますが。)

 

複数利用すべき理由は、以下の通りです。

✓複数利用すべき理由

理由①:独占案件を逃さないため

理由②:希望する企業に強いエージェントを見つけるため

理由③:多面的に自己評価するため

 

この記事では、上記の理由について深掘りして解説していきますね。

 

理由①:独占案件を逃さないため

 

一番大切なのが、「独占案件を逃さないため」ということ。

 

人気の大手企業の場合、特にそれが優良求人の場合には、特定のエージェントの独占案件となることがほとんどです。

というのも、企業としてはできるだけ無駄な時間・コストを削減するため、有望な候補者が集まる「信頼できるエージェントにだけお願いする」ためです。

 

5大総合商社や大手金融で採用担当をしていた時に実感しましたが、「人気の企業であればあるほど、ほぼ独占案件」です。

とすると、希望する企業の求人をそのエージェントが持っていない可能性だってあります。

 

そのため、特定のエージェントに絞ることでチャンスを逃してしまうかもしれないので、できるだけ多くのエージェントを活用することが大切です。
✓注意点

ムリに多くのエージェントを利用しようというのではありません。

面談などを通じて、自分の希望する企業・業界に強い、いくつかのエージェントを利用すればOKです。

 

なお、企業が「特定の信頼できるエージェントにだけお願いする」理由については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

気になる人は、ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

【転職者必見】大手企業の優良求人を見つけるために知っておくべきポイント【採用担当が紹介】 こんな疑問にお答えします。 ✓この記事を読めば解消できる疑問・悩み ・大手企業の求人が見つからない、、、 ...

 

理由②:希望する企業に、本当に強いエージェントを見つけるため

 

「転職」と一言でいっても、色んな業界や企業によって多種多様であるように、それに合わせて転職エージェントにも「得意な分野」「強みのある企業」というものがあります。

本当にその企業・業界に強いかどうかは、比較してみなきゃ分からない。

 

例えば、腕のいい医者を探して「内科医」と調べても、本当にいい医者かどうかって、実際に行ってみないと分かりませんよね。

転職エージェントも、それと同じです。

本当にその企業・業界に強いかどうかは、実際に使ってみて、比較してみなきゃ分かりません。

 

そのため、一社ずつ吟味していると時間がかかってしまい、せっかくの好条件の求人を逃してしまうかもしれません。

並行して、複数のエージェントを比較しつつ、徐々に絞っていけばOKです。

 

複数利用していても全然OK

 

たまに聞かれる質問として、「エージェントを複数利用して、、、失礼にならないですか?」があります。

結論、複数利用していることなんてエージェント側も「当然」だと思っています。気にしなくて全然OKです。

 

上記で紹介した通り、多くの転職成功者は複数のエージェントを利用しています。

そのため、エージェント側だって、まさか自分だけとは思っていません。

 

そのため、複数利用していたって全然失礼じゃないですよ。

むしろ、複数利用していることを共有してしまった方が、エージェント側もより頑張ってくれると思いますよ。

実体験:

僕の場合、複数利用していることや希望する企業などを細かく説明・協議したところ、僕が希望する企業の転職に強い、別会社のエージェントを紹介してくれたエージェントがいました。

そして見事、内定をもらうことができましたよ。

 

理由③:多面的に自己評価するため

 

「多面的に自己評価する」とは、一言で言えば「色んな人に自分を評価してもらう」ということです。

 

転職活動では、まずはエージェントと面談しつつ、「その人に合った」「その人が合格できると思う」企業を、エージェントと一緒に探っていくことになります。

その際の、登録者の市場価値の評価は、エージェント個人の経験等に基づく「個人の評価」になります。

 

そのため、1つの求人に対しても「大丈夫、十分いけますよ!」というエージェントもいれば、「いや、結構キツイんじゃないですかね、、、」というエージェントも出てきてしまうのは、仕方がないことです。

 

ですが避けたいのは、以下の通りです。

「最初に会ったエージェントのネガティブ評価1つで、可能性をつぶしてしまうこと」は避けよう。

 

つまり、1人目がネガティブ評価だったとしても、2人目のポジティブ評価に従ったら、「実際に内定を取れた!」ということもあるかもしれないということ。

少ない評価に従うことで、可能性をつぶしてしまうのはもったいないですよね。

 

エージェントの具体的な利用方法

 

ここでは、上記を踏まえた具体的なエージェントの利用方法について紹介します。

僕が転職を成功させたときに、実際にしていた方法なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

おすすめの利用法は「総合系」と「特化型」の組み合わせ

 

まず、必ずしてもらいたいのは以下の通りです。

転職サイト・エージェントは、「総合系」と「特化型」の両方に登録すること

 

「総合系」で取りこぼしを防ぐ

 

「総合系」の方が、求人数も知名度も強いです。

企業としても安心感があるため、非公開求人の数も多いことが一般的です。

 

そのため、「総合系」に登録することで、まずは求人の取りこぼしを防ぐのがおすすめ。

 

せっかく求人が出ていても、見逃してしまっていたら転職成功なんてできませんからね。

 

「特化型」で内定率UPを狙う

 

そして必ず、「特化型」にも登録しておきましょう。

 

一般的に、特化型の転職エージェントが強みとしているのは『業界に対する知見』と『企業とのコネクション』です。

 

自分が興味のある企業の求人を扱っていれば、その企業の裏話や、転職に有利な情報が聞けるかもしれません。

(例えば、採用担当者の情報や、面接で必ず聞かれる質問などです。)

 

また、実際の待遇面の交渉なども、より円滑にサポートしてくれることが期待できますよ。

 

総合系で求人を探しつつ、興味のある業界を選んでから特化型に登録するのもOKです。

好条件での転職を成功させたいなら、必ず特化型にも登録してみてくださいね。

 

最後はエージェントの実力次第

 

正直なところ、エージェントの実力は採用に大きく影響します。

特に、人気の大手企業への転職の場合には、エージェントのサポート次第で、結果が大きく変わります。

 

履歴書や職務経歴書の作成から、面接で聞かれる質問。入社試験や交渉など、エージェントがサポートしてくれる場面はたくさんあります。

 

そして、一番内定に影響するのが、以下の点です。

企業は、エージェントから候補者の紹介があったら、まずはエージェントの評価をヒアリングします。

 

企業は、エージェントから候補者の紹介があったら、まずはその候補者がどんな人か・どんな強みがあるか・なぜおすすめなのかなど、エージェントの評価をヒアリングします。

というのも、企業側はできるだけ手間と時間を削減するために、「エージェントの評価を第一の選定プロセスにしているから」です。

 

そのため、いかに上手にアピールしてくれるエージェントかで、大きく影響してきます。

エージェント選びは、それだけ大切ということです。

 

盲目的に1人のエージェントに絞らず、いくつかの転職サイト・エージェントに登録して、一番力になってくれそうなエージェントを選ぶようにしてくださいね。

 

まとめ

 

それでは最後に、この記事のおさらいです。

 

転職サイト・エージェントを複数利用すべき理由は、以下の通りです。

✓複数利用すべき理由

理由①:独占案件を逃さないため

理由②:希望する企業に強いエージェントを見つけるため

理由③:多面的に自己評価するため

繰り返しになりますが、転職成功のためにはエージェント選びは本当に大切です。

「最初に登録したから、、、」といって1つだけに絞らずに、いくつか試しつつ最適なエージェントに絞っていってください。

 

なお、僕がおすすめする「総合系」の転職サイト・エージェントはこちらです。

いずれも「非公開求人」が多く、優良求人をたくさん抱えていたので、まずは自分にあったところを2~3個、登録してみてくださいね。

リクルートエージェント:  支援実績と求人数が圧倒的に多い。上の2つと提携していない企業の求人を取りこぼさないように、念のため登録した方がいい。

転職なら【DODA】: トップクラスの求人数と実績・評判を誇る最大手転職のひとつが『DODA』

パソナキャリア: 『2019年オリコン顧客満足度 転職エージェント』第1位にも輝いている大手エージェント

※リンクをクリックすると公式ホームページへアクセスします。

 

また、特化型も含めたおすすめ転職サイト・エージェントについては、こちらの記事でより詳しく紹介しています。

特に、「初心者向け」や「特化型」について、詳しく紹介しているので「初めて登録してみる!」という人は、ぜひご覧くださいね。

【実体験】おすすめ転職サイト・エージェントの紹介と比較まとめ【30代から50代にも】 こういった疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・転職を検討している人(20代~50代まで) ・どの...

 

今回は以上です。転職成功に少しでも役立ててもらえたら嬉しいです。

ありがとうございました。

 

おすすめ関連記事