英語|English

【英語】リスニングを上達させるコツやおすすめ勉強法をレベル別に紹介【TOEICにも効果的】

英語のリスニングを勉強している人

『英語の勉強をしているんだけど、どうしても聞き取れるようにならない、、、ゆっくりした英語は聞き取れるんだけど、スピードが速くなると聞き取れなくなっちゃう。どうやって勉強すれば、ネイティブの英語も聞き取れるようになるのかな。』

こんな疑問にお答えします。

✓この記事の想定読者

・英語のリスニングを勉強中の人

・リスニングに自信がない人

・リスニングをどうやって勉強すればいいか悩んでいる人

 

こんにちは、主に海外で働く国際税理士のまぐすです。

この記事では、英語リスニングを勉強中の人や、リスニングの勉強法で悩んでいる人に向けて、「英語のリスニングを上達させるコツとおすすめ勉強法」を紹介していきます。

✓この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、社会人になってから、色んな勉強法を試してきました。正直ムダになった勉強もあります。

ですが、TOEIC400点台から900点台を達成。大手金融機関のグローバルタックスマネージャーになり、現在は海外で会計税務コンサルタントとして活動しています。

 

この記事を読めば、リスニングで悩んでる人も、きっと効果的な勉強法が見つかると思いますよ。

 

【結論】リスニング上達のコツは『話すこと』

 

まず、結論です、

リスニング上達のコツは「話すこと」」です。

 

『え、リスニングなのにスピーキング??』と思うかもしれませんが、実はすごく効果的。

『どう話すか?』が分かれば、リスニングも格段に上達します。

 

英語には独自の「音の変化」がある

 

『リダクション』とか『リエゾン』って、聞いたことないですかね?

一度は聞いたことあるって人も多いと思います。

これらは、リスニングを上達させるためには必須の知識です。

 

リダクションとは

 

「リダクション」とは、「音が消える」ということです。

リダクションとは、本来のスペルからすれば発音されるべき音が、弱く発音されたり全く発音しなくなったりすることで、耳で聞いても音が消えることを言います。

 

このリダクション、色んなパターンがあります。

ここではすべては紹介しませんが、興味がある人はググってみてくださいね。分析してみると、かなりの数があります。

ここでは、代表的な例として「末尾の音はあまり発音されない」を紹介しましょう。

 

実は身近にたくさん例があります。例えば「グッジョブ」。英語ではGood job!と書くので、本来は「グッド ジョブ」ですよね。

でも、末尾のdがほぼ発音されないため、「グッジョブ」と聞こえるんです。

 

リエゾンとは

 

リダクションが「音が消える」でしたが、「リエゾン」は「音が繋がる」ことをいいます。

リエゾンも色んなパターンがありますが、一番身近な例としては「アナと雪の女王」が挙げられます。

主題歌「Let it go」、皆さんはなんて言いますか?「レット イット ゴー」違いますよね。「レリゴー」ですよね。

 

これは少し難しいですが「tの弾音化と、tの脱落」が関係しています。①tがdに近い音に変化するのと、②tが連続したことで前のtが脱落している、という2つです。

これも、興味がある人はリエゾンをググってみてくださいね。

 

話せない言葉は聞き取れない

 

リダクションとリエゾンを詳しく紹介するのは、大手英語学校などのサイトにお任せして、この記事でお伝えしたいのは、つまるところ「どう話されているかが分かれば、音が理解できる」ということです。

もっと言えば、「自分が話せれば、英語は聞き取れる」ということ。

 

上記のように、英語には独特の音の変化があります。

それらを聞き取れる・聞き分けるためには、『声に出して身につける』のが1番。

 

とにかく真似しよう

 

そのため、リダクションやリエゾンのように、英語独特の音の変化があることを知ったら、それを調べつつ、どんどん発音を真似してみましょう。

実際に同じ音を発音しようとすると、「あれ、なんか違う」ってなると思います。分かります。

個人的には、日本語にはない音の変化なので、口や舌、呼吸法などがそれに慣れていないからなんじゃないかと思います。

 

とにかく真似すること、それが最初の一歩です。

 

分からない音があったら、ググれば結構みつかります。例えば「tの音が聞き取れない」「tがdに聞こえる」ってやるだけでも、結構検索できますよ。

そうやって調べながらでも、どんどん真似してみよう。

 

初心者はまず話す機会を作ろう

 

英語にまだ十分に自信のない人は、まずは英語を話す機会を強引に作ってみましょう。

 

英語の環境はいくらでもある。

 

実は、英語の環境って探せばいくらでも見つかります。

例えば、以下のような環境があります。

・会社の研修や福利厚生

・朝活のコミュニティー

・週末の英会話サークル

・オンライン英会話

自分の身の回りにも、英語を話す環境がないか探してみてください。

思っているより、たくさんあるはずですよ。

 

まずはオンライン英会話がおすすめ

 

僕のおすすめは、オンライン英会話です。特に、初心者の人にこそおすすめです。

理由は主に、以下のとおりです。

・安い

・自分が好きな時にできる

・ネイティブに発音を教えてもらえる

 

僕がおすすめするオンライン英会話はこちらです。

Bizmates(ビズメイツ)|ビジネス特化型で、5ステップのレッスンフロー、25段階のレベル分け、レッスン後トレーナーから「フィードバックや学習した単語・フレーズ」が魅力です。また、ビジネスパーソンのために5~25時(全日)に利用可能なのもありがたい。

レアジョブ英会話|2007年の創業開始から会員数70万人、講師数5,000人以上の国内最大級のオンライン英会話サービス。

ネイティブキャンプ|月額6,480円でレッスンが24時間受け放題。英会話初心者からTOEICハイスコアを目指す上級者まで自由にカリキュラムを組めるので、レベルに合った授業を受けることが可能。

 

とにかく継続が大事

 

英語学習はもちろんですが、リスニングも継続が大切。

そのため、一定期間で終わっちゃう会社の研修や福利厚生、朝活などを無理に続けようとするよりも、安く・楽にできるオンライン英会話がおすすめ。

 

その他にも、おすすめ理由についてこちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひ見てみてくださいね。

英語 勉強
最短で英語を話せるようになる方法4つ【おすすめオンライン英会話も紹介】 こんな疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・どんなスピーキングの勉強方法があるか知りたい人 ・覚え...

 

少しできたら『挑戦』しよう

 

「あ、少しわかるようになってきたな」と思ったら、どんどん英会話に挑戦してみよう。

 

完璧なんて求める必要なし

 

「でも、まだ自信があるわけじゃないし、、、」

そういう人もいるかもですが、問題ありません。完璧な英語なんてコミュニケーションでは必要ないんです。

 

日本語だってそうですよね?ちょっと振り返ってみてください。必ず主語・目的語を話していますか?決してそうではないはず。

つまり、完璧な100点満点の言葉でなくても、コミュニケーションはOKです。

 

英語はあくまで言語、コミュニケーションが少しでも取れれば、実践でどんどん使った方が、生の英語をたくさん耳に取り込むことができますよ。

 

実践が1番の近道

 

「もっと英語を伸ばしたい!」そう思ったら、英語を使う環境に身を置きましょう。

一番のおすすめは、「仕事で英語を使う」です。

社会人の人は、1日の大半を仕事に費やしています。そのため、仕事で英語を使うことが1番の上達への近道になります。

 

方法は3

 

いまの仕事で英語を使う機会がない、もしくは少ないなら、以下を検討してみましょう。

・ 社内で英語を使う部署に異動する

・ 英語を使う部署のある会社やポジションへ異動

・ 海外に現地採用で転職する

上から順に、ハードルは高くなっているかもしれません。

でも、下に行けばいくほど英語を勉強できる環境でもあります。

 

「でも、自分ができるかな、、、」という人も、実はどういった転職先があるのかを知らない人も多くいます。

何よりも、まずはどういった転職先があるのか、自分でも挑戦できるのかを調べてみましょう。悩むのはそれからでOKです。

 

おすすめ転職エージェント

 

英語を使う企業や外資系企業、海外での転職先を探すのに僕がおすすめする転職エージェントは、こちらです。

JACリクルートメント|勧めたい転職エージェントNo.1で、グローバルのハイキャリア案件に強い

パソナキャリア|2019年・2020年と2年連続オリコン顧客満足度調査:転職エージェント総合第1位

グローバル・外資系・ハイクラスの『Samurai Job』|JACリクルートメントが運営する海外のハイクラスに特化した転職エージェント

転職なら『DODA』|転職業界最大手であるパーソルキャリア株式会社が運営する転職支援サービス

※リンクをクリックすると、公式ホームページへ移ります。

 

おすすめ転職サイトについては、こちらでも詳しく紹介しているので、ぜひ併せて確認してみてくださいね。

【日本語でOK】海外への転職におすすめの転職エージェント3選【未経験でも安心です】 こんな疑問にお答えします。 ✓本記事の想定読者 ・海外で働いてみたい人 ・海外での転職活動に自信が...

 

特に、海外で働くことに興味はありつつも、一歩踏み出せないという人も多いと思います。

でも、僕はチャンスがあれば絶対挑戦すべきだと思います。

 

その理由については、こちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

チャンスがあれば海外赴任・転職すべき理由3選【英語力がなくても挑戦しよう】 こんな疑問にお答えします。 こんにちは、税理士のまぐすです。 ✔この記事の内容 ・ 海...

 

並行して単語や文法も勉強しよう

 

リスニングの勉強をしつつも、英単語や文法も並行して勉強しましょうね。

というのも、音を聞き取れても意味が分からなければ意味がないからです。(笑)

僕がおすすめする英単語帳は、こちらです。

 

理由はこちらの記事で詳しく紹介していますが、TOEIC用の英単語帳とはいえ、日常的に使える表現や単語が本当に多くて、かなり重宝しています。

TOEIC 勉強法
【TOEIC勉強法】英単語帳は金のフレーズがおすすめな理由【使った感想つき】 こういった悩みにお答えします。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffil...

 

また、英文法についてはこちらがおすすめ。

 


僕がおすすめする英文法の本は、上記を含めて3つあります。こちらの3つを持っていれば、英文法の本はほかに要らないと思っています。

こちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひ見てみてくださいね。

TOEIC 勉強法
【実体験】TOEIC英文法の基礎勉強でやるべき教材おすすめ3選+1【2ヵ月でマスター】 こんな疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・これからTOEICの勉強を始める人 ・一通り勉強したは...

 

その他にも、最速で英語を話せるようになるための勉強法については、こちらで詳しく紹介しています。

リスニングを勉強しつつ、併せてスピーキングも勉強しちゃってくださいね。

英語 勉強
最短で英語を話せるようになる方法4つ【おすすめオンライン英会話も紹介】 こんな疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・どんなスピーキングの勉強方法があるか知りたい人 ・覚え...

 

今回は以上です。

英語って、リスニングができるようになると、各段に英語ができる実感を感じるんですよね。

 

実は、英語ができる人ほど、スピーキングよりもリスニングの方が難しいという人も多くいます。

ぜひリスニング力を身に付けて、英語を自分のものにしちゃってくださいね。

ありがとうございました。

英語の求人に強い転職エージェントをチェックしてみる

 

おすすめ関連記事