英語|English

英単語を最速で使えるようになる勉強法【元商社マンが紹介】

 

英単語の勉強をしている受験生や社会人

『英単語がなかなか覚えられない、、、覚えても覚えても忘れちゃう。どうしたらずっと忘れずに覚えていられるのかな?英単語の暗記法を教えてもらいたい。』

こんな疑問にお答えします。

✓この記事の想定読者

・英単語を勉強している人

・英単語がなかなか覚えられなくて悩んでいる人

・最速で英単語を暗記する方法を知りたい人

 

こんにちは、元商社マンで国際税理士のまぐすです。

この記事では、僕が独学でTOEIC 900点台にした経験をもとに、最速で英単語を覚える方法を3つのポイントに絞って紹介します。

✓この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、社会人1年目のTOEIC 400点台から、独学で900点台にまで行きました。

その結果、5大総合商社・大手金融のグローバル タックス マネージャーを経て、現在では主に海外で仕事をしています。

 

この記事を読めば、英単語をなかなか覚えられないという人でも、最速で暗記する方法が分かり、英単語勉強に自信が持てるようになりますよ。

それでは紹介しますね。

 

ポイント①:猛スピードで毎日回す

 

英単語の勉強法のポイントは、実はシンプルです。

僕が考える、英単語を最速で覚えるコツは、以下の2つです。

・1単語に時間をかけすぎない

・とにかく毎日続ける

それでは、この2つのポイントについて紹介していきますね。

 

じっくり見ても覚えられない

 

英単語は、1日でまとめて覚えようとしても、記憶に定着しません

記憶に定着しないということは、いざというときに思い出せない・言葉に出ないということです。

 

英単語は覚えられなくて当然

 

単なる文字の羅列。暗号みたいで覚えられないのも当然ですよね。もちろん僕もそうでした。

漢字と違って、アルファベット1文字に意味があるわけじゃないですからね。
(厳密には、語源を調べれば意味があるんですが、そこまで必要ないので割愛します。)

 

だから、覚えられなくても仕方ありません。みんな同じなので諦める必要ありませんよ。

まずは『英単語は覚えられない』と納得しちゃいましょう。

 

『覚えたはず』でも忘れちゃってOK

 

『今日は英単語の暗記、頑張った〜』と思っても、3日後に見返しても覚えてない…

こんな経験、一度はあるんじゃないかと思います。

でも、それでOKです。

英単語を覚えるコツは、『覚えて→忘れて→覚えて…』、これの繰り返しです。

忘れてしまっても、悲観的になることはないです。

なぜなら、何度も見返すことが1番大事だからです。

 

長期記憶のカギ『記憶の忘却曲線』

 

『記憶の忘却曲線』って、一度は聞いたことのある方も多いと思います。

これは、ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが導き出した理論で「エビングハウスの忘却曲線」と呼ばれています。

 

この理論によれば、実験でアルファベットの羅列を人に覚えさせたところ、以下のようなスピードで忘れていくということです。

20分後:覚えたことの42%を忘れる

1時間後:覚えたことの56%を忘れる

1日後:覚えたことの74%を忘れる

1週間後:覚えたことの77%を忘れる

1ヶ月後:覚えたことの79%を忘れる

このことから言われているのが、一言でいえば、『記憶とは、一定時間あけて何回も覚え直すことで長期記憶になる』ということです。

 

とにかく、英単語は1単語をじっくり覚えるよりも、『覚えて→忘れて→覚えて』を繰り返した方が、長期記憶として暗記できる。

長期記憶にならなければ、いざ話す時も、メールを書くときも、リスニングのときも、調べたり時間を置かなきゃ思い出せないことになって、『英単語を使える』ようになるまで時間がかかってしまいますよ。

 

1~2日で一冊読み切る

 

『1単語に時間をかけずに細切れにって、、、じゃあ1日にどのくらいやればいいの?』

そんな疑問を持つかもしれません。

 

僕の答えは『1日~2日で1冊終わるスピード』です

 

最初は『1週間に1回転』を目指そう

 

とはいえ、新しく買った単語帳を1日~2日で覚えるなんて、到底無理ですよね。

そこで、最初は『1週間に1回転』くらいを目指しましょう。

 

それでも、初めは難しいと思います。1日に何時間もかかってしまうかも。

その場合は微調整してもいいです。が、期限を決めないとダラダラしてスピードが落ちてしまう。

『全ページ数÷7日間=1日のページ数』を決めて、どんどん回していきましょう

 

最初はメインの単語だけ

 

ほとんどの単語帳って、メインの単語があったら、それに類似する単語や対義語なんかも載ってますよね。

これ、初めは無視してOKです。まずはメインの単語を覚えてしまいましょう。

 

補足的な単語は、メインをしっかり覚えてしまった後なら、すぐに覚えられます。

最初は気にしなくて大丈夫ですよ。

 

覚えた単語はどんどん飛ばそう

 

何回もスピード回転させていると、そのうち完璧に覚えた単語が出てくると思います。
それは飛ばしてOKです。

 

『そんなの当たり前じゃん』と思う人もいると思いますが、実は理由があります。

稀に、せっかく覚えたのに何度も見返してる人がいるんです。

 

そうすると、1回転のスピードもあがらない、

英単語の勉強の目的は、『記憶した単語量を増やすこと』ですよね

『覚えたことの確認』をして自己肯定感や満足感に浸るくらいなら、どんどん次にいきましょう。

 

細切れでオッケー

 

たまに『今日は一日中、英単語帳を読み切ったぜ!』という人がいます。

もちろん、それで何周もしていれば、ある程度覚えられるでしょう

 

でも、『使える=長期記憶』のためには、まとめて何時間もやるより、細切れに毎日続けた方が長期記憶になります。

例えば、『通勤中は英単語』など、決まった時間・決まったことをするときは英単語を見るなど、ルールを作ると効果的。

 

僕のおすすめは『コンビニ行くときに歩きながら』など、『〜ながら』時間をうまく活用すること。

そうすることで、自然と細切れで時間を利用できますよ。

 

ポイント②:まずは1冊をマスターしよう

 

英語の勉強を始めたばかりの頃って、色んな単語帳や参考書に手を出したくなりますよね。僕もそうでした。

でも、そこがポイントです。

 

浮気はやめよう

 

一度に何冊もやろうとしたり、色々と手を出そうとするのはやめましょう。

これが、英単語の勉強を始めたばかりの自分に1番言ってあげたいことですね。

とにかく、1つの単語帳を決めたら、ひたすらそれをやり切りましょう。

 

暗記や記憶においては、『中途半端』は勉強していないのと同じ。

基礎的な単語をほとんど覚え切るまでは、別の単語帳に浮気するのは禁止です。

 

ちなみに、僕のおすすめはこちらの『金のフレーズ』です


 

やりすぎて、ボロボロになりました。

 

TOEIC用の単語帳ですが、日常生活でもビジネスシーンでも使える単語ばかり。

さらに暗記もしやすいのでおすすめ。

おすすめする理由は、こちらの記事で詳しく紹介してるので、気になった人はぜひご覧くださいね。

TOEIC 勉強法
【TOEIC勉強法】英単語帳は金のフレーズがおすすめな理由【使った感想つき】 こういった悩みにお答えします。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffil...

 

細部まで覚えよう

 

単語帳1冊は、最終的には類語や対義語、例文も含めて覚えるくらいまでやりこみましょう。

『え、さっきはメイン単語だけでいいって言ったのに?』と思われるかもしれません。

でも、メイン単語を覚えてからでいいです。

というのも、メイン単語を覚えた後、別の単語帳を買うよりも簡単に覚えられるため、より単語量を増やしやすいからです。

 

また、例文も覚える(単語の使い方がわかる)ことができれば、実際の会話やメールでも、その単語がすぐに使えるようになるからです。

 

ポイント③:口に出して使ってみよう

 

最終的に、覚えた単語は口に出してみましょう。

 

話さないと定着しない

 

長期記憶にするためには、五感をフル活用するのがおすすめ。

特に『話す』というのは絶対必要です。

日本語でもあるかと思います。『漢字は書けない』『意味は何となくしか分からない』、なのに『会話の中では使える』という言葉。

それと同じです。

 

耳で聞いて声に出すことで、意味や漢字は曖昧でも、見た瞬間に意味がわかったり、会話の中でとっさに出てくるようになります。

ここまでくれば、長期記憶になってるはずです。

 

なので、独り言でもいいし、誰かと話すときでもいいので、ぜひ実際に口に出してみましょう。

『単語の意味がわかる』『単語を書ける』と『話せる』は全く別です。

 

発音の間違いにも気付ける

 

英単語を暗記する時は、正しい発音も合わせて覚えよう。

一度間違った発音で覚えてしまうと、あとから直すのはかなり大変

また、実際の会話でいくら使っても、発音が間違ってたら伝わりません。当たり前ですね。

なので、カタカナ英語でもいいので、発音も覚えてしまいましょう

 

おすすめ勉強法

 

とはいえ、英語を話す機会って多くはないですよね。僕も英語の勉強したての頃はそうでした。

そこで、1英単語を覚えるために僕がおすすめする勉強法は、以下の3つです。

・独り言

・オンライン英会話

・英語が必要な環境作り

 

独り言は超効果的

 

英単語を覚えるときは、とにかく独り言をすることがオススメ。

1人をとって、すごく効果的です。

 

誰でも、今すぐに始められるので、まずは1ヵ月でもいいので試してみてください。

自習室で座って英単語を覚えるよりも、自宅や通勤時に独り言を言いながら覚えたほうが、

絶対に効果的ですよ。

 

オンライン英会話で安くアウトプット

 

少し単語を覚えてきたら、ぜひオンライン英会話を利用してください。

通学スタイルの英会話塾とは違い、安く、自分のやりたいタイミングで勉強できます。

 

やっぱり、実際に使うシーンがあるとモチベーションにもつながるし、間違った発音をしていたら指摘されるので、正しい英単語の長期記憶につながりやすいです。

僕がおすすめするオンライン英会話は、こちらです。

Bizmates(ビズメイツ)|ビジネス特化型で、5ステップのレッスンフロー、25段階のレベル分け、レッスン後トレーナーから「フィードバックや学習した単語・フレーズ」が魅力です。また、ビジネスパーソンのために5~25時(全日)に利用可能なのもありがたい。

レアジョブ英会話|2007年の創業開始から会員数70万人、講師数5,000人以上の国内最大級のオンライン英会話サービス。

ネイティブキャンプ|月額6,480円でレッスンが24時間受け放題。英会話初心者からTOEICハイスコアを目指す上級者まで自由にカリキュラムを組めるので、レベルに合った授業を受けることが可能。

 

こちらの記事でも、おすすめ理由を詳しく紹介しているので、併せて読んでみてくださいね。

英語 勉強
最短で英語を話せるようになる方法4つ【おすすめオンライン英会話も紹介】 こんな疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・どんなスピーキングの勉強方法があるか知りたい人 ・覚え...

 

英語が必要な会社で働こう

 

仕事で英語を必要とすると、かなり成長が速くなります。

仕事で必要となれば、なんとしてでもがんばりますよね。

 

それに、毎日使う機会があるので、モチベーションアップだけでなく、実際にアウトプットする機会も確保できます。

もし相手がネイティブスピーカーだったら、会話やメールの中で、リアルな英語を学ぶこともできます。

 

もし、今の会社で英語を使う機会がなければ、そういった会社に転職するのもありです。
英語を使う機会のある会社や、外資系企業への転職には、以下の転職エージェントがおすすめです。

JACリクルートメント|勧めたい転職エージェントNo.1で、グローバルのハイキャリア案件に強い

パソナキャリア|2019年・2020年と2年連続オリコン顧客満足度調査:転職エージェント総合第1位

グローバル・外資系・ハイクラスの『Samurai Job』|JACリクルートメントが運営する海外のハイクラスに特化した転職エージェント

転職なら『DODA』|転職業界最大手であるパーソルキャリア株式会社が運営する転職支援サービス

※リンクをクリックすると、公式ホームページへ移ります。

無料なので、まずは登録して気にいった企業があるか探してみてください。

 

英語力を身に付けて、ぜひ自分のやりたい仕事・なりたい自分に近づいてください。
そして、そういった環境に身を置くことが、英語上達の近道ですよ

 

今回は以上です。ありがとうございました。

英語の求人に強いエージェントを見てみる

 

おすすめ関連記事