就職・転職|Career

海外で働く方法6選とそれぞれの注意点【国際税理士が紹介】

 

海外で働くことに興味がある人

『人生で1度位、海外で働いてみたいけど、どんな方法があるのかな。あと、それぞれの特徴や注意点とかがあったら知りたいな。』

こんな疑問にお答えします。

 

✔この記事の想定読者

・海外で働くことに興味がある人

・海外での働き方を知りたい人

・海外で働く上での注意点を知りたい人

 

こんにちは、日本と海外で働く、国際税理士のまぐすです。

この記事では、海外で働くことに興味がある人に向けて、海外で働く方法を紹介しつつ、それぞれの注意点をお伝えします。

 

✔この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、Big4・5大総合商社・大手金融を経て、現在は日本と海外で働いています。

また、税理士として多くの海外で働く人のサポートをしているので、いろんな働き方や実態を知っていますよ。

 

『人生で一度くらいは海外で働いてみたいな!』と思っている人、少なくないと思います。

でも、働き方によって、違いがあります。

 

この記事を読めば、「海外で働く」ためにはどんな方法があるか、またどんな注意点があるかがわかると思いますよ。

 

それでは紹介していきます。

 

海外で働く方法6

 

まず結論です。

海外で働く方法は、主に以下の6つです。

 

✔海外で働く方法

方法①:現地採用(日系企業の海外拠点)

方法②:現地採用(外資系企業の海外現地)

方法③:日系企業の海外駐在

方法④:外資系企業の海外駐在

方法⑤:フリーランス

方法⑥:ワーキングホリデー

 

以下では、それぞれの概要を説明していきます。

 

方法①:現地採用(日系企業の海外拠点)

 

海外進出している日系企業に、現地採用される方法です。

 

この働き方のメリットとは、以下の通りです。

 

✔メリット

・本社である日本企業とのやりとりが多いため、日本人が重宝される。

・現地でも、日本文化が理解されている。

 

海外で働く場合、一番大切なポイントが「現地の文化や慣習に馴染めるか」です。

会議に遅刻しないとか、細かくチェックするなど、文化や考え方の違いは大きいですからね。

 

その点、日系企業の海外拠点だと、問題になりにくいケースが多いです。

親会社である日本企業の文化が、浸透しているケースが多いですからね。

 

初めて海外でフルタイマーとして働くなら、一番ハードルが低いかもですね。

 

例えばアメリカでの就職なら、『ボストンキャリアフォーラム』などの就活イベントに参加してみるのもあり。

毎年10月~11月頃に、アメリカ合衆国ボストンの「ボストンコンベンションセンター」で開催される日英バイリンガル向けに行われる就活イベントで、多くの日系・外資系企業が集まります。

2020年はオンラインで開催されましたよ。

 

方法②:現地採用(外資系企業の海外現地)

 

日系ではなく、現地企業などの外資系企業の海外拠点に就職する方法です。

 

これは、上記①の日系企業の海外拠点とは反対に、チャレンジングな選択になるかもです。

文化や慣習だけでなく、言語もネイティブレベルを求められるかもですからね。

 

その分、学ぶことが多いケースでもあります。

 

チャレンジングな分、学ぶ事はたくさんあります。

 

チャンスがあれば海外赴任・転職すべき理由3選【英語力がなくても挑戦しよう】 こんな疑問にお答えします。 こんにちは、税理士のまぐすです。 ✔この記事の内容 ...

 

多くの日本人は、海外で働いていても、日本人同士でつながっているケースが多くあります。

ですが、このケースの場合、普段から海外の人たちと接する機会が多いため、言葉や考え方など、「海外だから学べること」が多くあると思いますよ。

 

『単に働くだけじゃなく、言語やヒューマンスキルも伸ばしたい!』という人は、検討してみて損はないと思いますよ。

 

EnglishLab「TOEFLに見る世界における日本人の英語力」
海外転職+生活に必要な英語力はTOEIC750点くらい【最短で身に付けよう】 こういった悩みにお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・海外生活に興味がある人 ・英語の勉強を始めようと思...

 

方法③:日系企業の海外駐在

 

一番イメージしやすいのが、このケース。

 

会社のサポートが手厚いので、安心して海外で暮らせます。

 

会社の指示で、仕事として海外で働くことになります。

そのため、会社としては、その人が海外で何かあったら大変。

 

住居や保険など、会社負担で暮らせるケースが多いので、生活水準はそのまま若しくは良くなるケースもたくさんあります。

 

国にもよりますが、各種手当がついたり、運転手付きの車を用意してもらえることもあります。

 

方法④:外資系企業の海外駐在

 

日系企業とは別に、外資系企業に日本で就職し、海外駐在するというケース。

 

最大のメリットは、日系企業より海外駐在できるチャンスが多い。

 

外資系企業だと、普段から海外とのやり取りも多いし、研修やセミナーを海外で行うケースもあるため、海外文化に触れるケースは多いと思います。

さらに、日本で優秀な人材を採用するために、海外駐在を売りにしている企業も多くあります。

 

誰もが知ってる世界的大企業だけでなくても、外資系企業は多くあります。

そういったところを狙ってみるのもアリですね。

 

【実体験】おすすめ転職サイト・エージェントの紹介と比較まとめ【30代から50代にも】 こういった疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・転職を検討している人(20代~50代まで) ・どの...

 

方法⑤:フリーランス

 

最近増えてきているのが、フリーランスとして働く方法。

ネットやSNSで、最近はよく見かけるようになりましたよね。

 

場所を選ばず暮らせる人は、海外で生活しつつ働いている人が多くいます。

 

例えば、以下のような仕事をしている人です。

 

・投資家

・ブロガー

・YouTuber

 

インターネットを利用した仕事で、場所を選ばなければ、好きな国・好きな時間に働いている人も多くいます。

 

こんな働き方に憧れている人、少なくないんじゃないかなと思います。

 

方法⑥:ワーキングホリデー

 

最後は、ワーホリです。

 

「海外に長期間滞在したことがない」「短期でも海外留学の経験がない」

そんな人でも、気軽にチャレンジできるのがワーホリです。

 

長期間の留学は、事前に貯金などで軍資金が必要だし、ビザの都合で現地で働けないケースも多い

 

ワーホリなら、留学前のお金に不安があっても、働きつつ言語や現地文化も学べるので、単に留学するよりハードルが低いケースもありますよ。

 

ワーホリでの働きが認められれば、そのまま就職だって狙えるかもです。

 

とはいえ、最近は安く留学できるサービスも増えています。

いきなり働くのに抵抗がある人は、まずはこういったことからチャレンジするのもありですね。

 

海外で働く方法それぞれの注意点

 

上記でそれぞれの概要を紹介しましたが、ここではそれぞれの注意点も紹介します。

後悔しないためにも、チャレンジしてみる前に必ずチェックしておいてくださいね。

 

そもそも海外で働ける可能性が違う

 

海外で働く方法を紹介してきましたが、そもそも本当に海外で働ける可能性が全く違います。

また、働けることになったとしても、生活水準が違かったりします。

 

上記6つを比較するなら、以下の通りです。

 

働く方法 働ける可能性 生活水準
方法①:現地採用(日系企業の海外拠点)
方法②:現地採用(外資系企業の海外現地)
方法③:日系企業の海外駐在
方法④:外資系企業の海外駐在
方法⑤:フリーランス 無限大
方法⑥:ワーキングホリデー

 

上記についても、以下でそれぞれ紹介していきますね。

 

方法①:現地採用(日系企業の海外拠点)の注意点

 

まず挙げられるのが、以下の通りです。

 

日本で働いている場合と比べて、それほど大きく変わらない。

 

これは、メリットでありデメリット。

初めて海外にチャレンジする人にとってはいいけど、ゴリッゴリの海外色に染まりたい人からすれば、少し物足りないかも。

 

もちろん、生活自体は大きく変わります。

現地の文化・慣習に従って生活するわけですからね。

 

日本人にありがちなのが、現地で日本人コミュニティに属すること。

 

どこの国にも、日本人は多くいます。

多くの日本人コミュニティがあります。

 

そのため、自発的に注意していなければ、いつも同じメンバー・会社の同僚と一緒にいることが多くなりがち。

『せっかく英語も勉強したい!と思っていたのに、全然上達しなかった、、、』なんてケースも多いですよ。

 

【日本より楽】海外転職する人・現地採用者の働き方や生活とは【おすすめ企業も紹介】 こういった疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・会計税務・経理の経験を生かして海外転職してみたい人 ...

 

方法②:現地採用(外資系企業の海外現地)

 

上記でも少し触れましたが、一番のハードルは以下のとおりです。

 

現地の外国人と同じように扱われるため、チャレンジングな選択。

 

現地で、他の外国人と同じように扱われます。

言語レベルも、ビジネススキルも、生活習慣も、基本的には同じです。

 

また、給料などの待遇も、現地と同じです。

他の選択肢に比べて、より現地に馴染む必要があるので、国や企業選びは慎重になるのがおすすめですね。

 

日本人が考えるよりもずっと、アジア人に対する差別が大きい国もあります。

ネットでサクッと調べるだけじゃなく、しっかり現地を知っている人にサポートしてもらうのがおすすめですよ。

 

【経験者が解説】海外就職・転職で失敗する人の共通点【転職の仕方も解説】 こんな疑問にお答えします。 ✓本記事の想定読者 ・海外で働くことに興味がある人 ・海外転職で失敗し...

 

方法③:日系企業の海外駐在

 

一番イメージしやすい海外駐在。

これも、他の方法と比べて圧倒的に大きいデメリットがあります。

 

自分が希望している国・想像している待遇で駐在できる可能性は、かなり低いです。

 

一言でいえば、『自分でコントロールできないから』です。

 

駐在がある企業には、同じように駐在を狙ってる人がかなりいるはず。

とはいえ、駐在は会社が決めることです。

 

タイミング・駐在先・待遇・駐在期間など、すべて会社が決めることです。

 

ずっと海外駐在を狙っていたけど選ばれなくて、いつの間にか年をとっちゃった、、、

家族もいるし、今さら海外なんて行けないよ、、、

 

そういう人も、少なくないと思います。

『一度きりの人生、海外で働いてみたいんだ!』という人は、他の選択肢も考えてみるのがおすすめですよ。

 

海外赴任・駐在の知っておくべきデメリット5選【想像より色々つらい】 こういった疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・海外で働いてみたい人 ・海外赴任に憧れてる...

 

方法④:外資系企業の海外駐在

 

外資系企業の海外駐在は、日系企業の駐在よりも海外で働ける可能性は高いと思います。

これは、『駐在』じゃなくても『長期出張』も含めてです。

 

ですが、日系企業に比べると、駐在の期間は短い可能性が高いです。

 

日系企業になると、海外駐在といえば3~5年くらいの場合もよくあります。

ですが、外資系企業になると、1~3年という会社も多くあります。

 

違いの理由は、目的の違いです。

 

日系企業の場合、日本親会社の代表・代理人として、現地と日本親会社をつなぐ役割がほとんど。

そのため、駐在員を「リエゾン(連絡係・調整役)」といわれることもよくあります。

 

ですが、外資系企業の場合は「子会社の教育訓練の一環」というケースが多いです。

語学研修や他の拠点との関係構築、企業理念の理解向上などです。

 

そのため、日系企業と比べると、期間が短いケースが多いです。

企業によって大きく違うので、『ガッツリ海外で生活したいんだ!』という人は、ちょっと注意ですね。

 

【海外へ転職】いますぐ海外で働きたいなら英語力より会計税務スキルを学ぶべき理由3選【海外はすぐ近くです】 こんな悩みを解決します。 本記事では、海外で働きたいなら会計/税務を学ぶべき・伸ばすべき理由を3つご紹介します。 ...

 

方法⑤:フリーランス

 

最近増えている、フリーランスとして海外で働くケース。

憧れている人も少なくないと思います。

 

ですが、一番のハードルが以下です。

 

フリーランスだと、ビザが取りにくい。

ビザがないと、滞在はもちろん、銀行口座すら作れません。

 

少し前だと、個人でもビザが取れる国は多くありました。

ですが最近は、マネーロンダリングなどに利用されるのを防止するためにも、特に先進国では個人でのビザ取得が厳しくなってきています。

 

フリーランスが個人でビザを取得する方法は、主に以下の2つです。

 

✔フリーランスがビザを取得する主な方法

・基準以上の金融資産を持つ

・多額のお金を払ってビザを購入する

 

税金や生活費を考えて海外生活したり、南国での生活に憧れる人も少なくないと思います。

ですが、まずはそもそもビザが取得できるかを考えるのが大切です。

 

EnglishLab「TOEFLに見る世界における日本人の英語力」
海外転職+生活に必要な英語力はTOEIC750点くらい【最短で身に付けよう】 こういった悩みにお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・海外生活に興味がある人 ・英語の勉強を始めようと思...

 

方法⑥:ワーキングホリデー

 

最後に、ワーホリの注意点。

主に、以下の2点です。

 

注意点は、①年齢と②国

 

そもそもワーキングホリデーとは、日本と協定を結んだ国に一定期間滞在でき、その間の生活費などのために働くことができる制度です

 

そのため、協定を結んでいる国だとしても、例えば以下のような条件が付されているケースが多いです。

 

・年齢が30歳以下

・家族は同行できない

・一定額以上の現地通貨を持っている

 

こうした条件が多いので、事前に調べておくのがおすすめです。

 

【日本語でOK】海外への転職におすすめの転職エージェント3選【未経験でも安心です】 こんな疑問にお答えします。 ✓本記事の想定読者 ・海外で働いてみたい人 ・海外での転職活動...

 

まとめ

 

さいごに、この記事のまとめです。

 

海外で働く方法は、主に以下の5つです。

 

✔海外で働く方法

方法①:現地採用(日系企業の海外拠点)

方法②:現地採用(外資系企業の海外現地)

方法③:日系企業の海外駐在

方法④:外資系企業の海外駐在

方法⑤:フリーランス

方法⑥:ワーキングホリデー

 

ただし、実際に働けるかどうかは、それぞれで全く違います。

上記注意点もしっかりチェックして、ぜひ夢の海外生活を実現してみてくださいね。

 

今回は以上です。また次の記事でお会いしましょう。

ありがとうございました。

 

【日本語でOK】海外への転職におすすめの転職エージェント3選【未経験でも安心です】 こんな疑問にお答えします。 ✓本記事の想定読者 ・海外で働いてみたい人 ・海外での転職活動...

 

おすすめ関連記事