就職・転職|Career

【海外で働く】現地就職・採用で必ず注意すべきこと【現役アドバイザーが解説】

 

海外で働くことに興味がある人

『人生で1度くらいは、海外で働いてみたいな。駐在だと国は選べないし、行けるか分からないから、現地採用にも興味があるんだけど、よくわからないから不安だな。注意点とかあるのかな。』

そんな疑問にお答えします。

 

✔この記事の想定読者

・海外で働くことに興味がある人

・海外での就職・現地採用に興味がある人

・海外で働く上での注意点を知りたい人

 

こんにちは、海外進出アドバイザーもしている、税理士のまぐすです。

この記事では、海外で働くことに興味がある人に向けて『海外で就職・現地採用を狙う上で必ず知っておくべき注意点』というテーマで紹介します。

 

この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、Big4・5大総合商社・大手金融を経て、現在は国内と海外で働いています。

海外進出する企業や個人のアドバイスをしたり、海外で働きたい人に向けてアドバイスをしています。

 

海外で就職・現地採用を狙うとしても、初めてだと不安もありますよね。きっと漠然とした不安がモワモワ出てくると思います。

 

この記事を読めば、現地採用を狙う上で知っておくべき一番重要なことがわかるので、少し気持ちが楽になってくれると思いますよ

 

それでは、紹介していきます。

 

現地就職・現地採用で必ず注意すべきこと

 

必ず知っておくべき注意点は、以下の通りです。

 

ビザが取れないかも、、、

 

誰でもビザが取れるわけじゃない

 

海外で働くために必要なこと、それは語学力やスキルだけじゃありません。

 

ビザ取得のための基準を満たしていることが、まずは大切です。

 

海外企業の内定が出たからといって、必ず働けるわけではありません。

現地採用でもワーホリでも、必ずビザが必要です。

 

ピザは、基準を満たす人にしか発行されません。

 

多くの国では、ビザ発行に関して検討される面が、大きく2つあります。

 

✔国がビザ発行について考えていること

【ポジティブな面】経済発展に貢献してくれる人材を、世界中から集めたい

【ネガティブな面】自国の人の雇用を守りたい

 

外国人が自分の国で働くと、その分、自国の人の雇用が失われます。

そのため、まずは国民の雇用を守ろうとするのは、当然ですよね。

 

そういった理由もあって、ビザ発行には基準を設けているとされています。

 

【日本より楽】海外転職する人・現地採用者の働き方や生活とは【おすすめ企業も紹介】 こういった疑問にお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・会計税務・経理の経験を生かして海外転職してみたい人 ...

 

自分で前もって調べておこう

 

現在では、海外での就職活動や現地採用の面接は、SkypeやZoomでできる会社も増えています。

 

そのため、今までよりも気軽にチャレンジしやすくなっています。

 

ただし、就活を始める前にビザが取れるかは調べておくべき

 

会社辞めてから、内定が出てから『やっぱり働けません、、、』なんてことになったら大事故。

必ず事前にチェックしてから、候補となる国を検討するのがおすすめですよ。

 

ビザ取得のための基準(例)

 

では、どういった基準があるか、例を紹介します。

 

代表的な基準は、以下です。

 

・学位(学士号など)

・最終学歴と卒業校

・現在と就職後の年収

・職歴 など

 

例えば、日本人に人気の国で必要とされている基準の例を、少し紹介します。

 

✔一般的な現地採用ビザで必要な条件・基準

【アメリカ】 学士号またはそれ以上の学位

【イギリス】 学歴や年収などによるポイント数

【シンガポールやタイ】 最低給与

【香港】 同職種経験のあること

 

一つくらい、「え、こんなのも基準になるの!?」みたいなの、あったんじゃないかと思います。

もちろん、ビザの種類や制度改正などで変わったりするので、注意してくださいね。

 

チャンスがあれば海外赴任・転職すべき理由3選【英語力がなくても挑戦しよう】

 

事前に知っておくべきこと

 

注意点は分かったので、ここでは『ビザ取得のために知っておくべきこと』を紹介します。

 

ビザ申請方法は主に3

 

ビザの申請方法は、主に3つあります。

 

・自分でWebサイトからやる

・代理店に依頼する

・就職先にサポートしてもらう

 

ただし、それぞれでデメリットもあります。

例えば、以下の通りです。

 

自分でWebサイトからやる 英語や母国語なので、難しい、、、
代理店に依頼する 費用がかかる,,,
就職先にサポートしてもらう サポートしてくれるかは会社次第

 

一番目と2番目については、分かりやすいと思います。

そこで、3番目について以下で紹介します。

 

EnglishLab「TOEFLに見る世界における日本人の英語力」
海外転職+生活に必要な英語力はTOEIC750点くらい【最短で身に付けよう】 こういった悩みにお答えします。 ✓この記事の想定読者 ・海外生活に興味がある人 ・英語の勉強を始めようと思...

 

ビザ申請サポートは会社次第

 

採用してくれる会社によっては、ビザの申請そのものをサポートしてくれたり、代行してくれたりする会社もあります。

 

その場合、必要書類の準備なども行ってくれるので、安心だし、何より楽です。

 

ですが、どの会社も必ずやってくれるとは限りません。

 

むしろ、国やその業界によっては、やってくれない会社の方が多いかもしれません。

事前に、申請サポートしてくれる会社を選びたいですよね。

 

エージェントを使って必ず事前調査を

 

ビザ申請は、自分でやると、手続きを調べるのもキツいし、何より間違ったら大変。

 

そのため、現地採用を狙うときは、必ずエージェントを利用すべきです。

 

ピザに関連してエージェントを利用するメリットは、大きく以下の2つです。

 

✔エージェントを利用する主なメリット

・現地のビザ手続きに詳しいエージェントもいる

・会社が申請サポートしてくれるか事前にわかる

 

せっかくの海外生活。

「せっかく内定もらえたのに、結局行けない…」なんて絶望的な状況にならないためにも、しっかり事前に準備しておきましょうね。

 

【日本語でOK】海外への転職におすすめの転職エージェント3選【未経験でも安心です】 こんな疑問にお答えします。 ✓本記事の想定読者 ・海外で働いてみたい人 ・海外での転職活動...

 

まとめ

 

最後に、この記事のまとめです。

 

海外で就職、現地採用する際に、必ず知っておくべき注意点は以下の通りです。

 

ビザが取れないかも、、、

 

その点、海外での現地採用に強いエージェントを利用すれば、悩みを解決できます

夢だった海外生活、無事に実現させてくださいね。

 

今回は以上です。またぜひ次の記事でお会いしましょう。

ありがとうございました。

 

JACリクルートメント|勧めたい転職エージェントNo.1で、グローバルのハイキャリア案件に強い

パソナキャリア|2019年・2020年と2年連続オリコン顧客満足度調査:転職エージェント総合第1位

グローバル・外資系・ハイクラスの『Samurai Job』|JACリクルートメントが運営する海外のハイクラスに特化した転職エージェント

転職なら『DODA』|転職業界最大手であるパーソルキャリア株式会社が運営する転職支援サービス

※リンクをクリックすると、公式ホームページへ移ります。

 

おすすめ関連記事